お知らせ

カテゴリー:定例議会

9月定例議会が開会 代表質問(20日)に前窪、成宮議員

2013/09/17 更新
この記事は 1 分で読めます。

 京都府議会9月定例会が17日開会しました。会期は11月6日までの51日間です。

 代表質問は19、20の両日おこなわれ、日本共産党は20日、前窪義由紀、成宮真理子両議員が立ちます。KBS京都で生中継されます。

 一般質問は24~26日で、同党のかみね史朗、光永敦彦、山内佳子の各議員が行います。

                    ◇ 

 代表質問、一般質問、各委員会審議は京都府議会のホームページで中継されます。

議案に光永幹事長、意見書案に馬場議員が討論します 6月定例会閉会日

2013/07/03 更新
この記事は 1 分で読めます。

 6月定例会は7月4日、閉会日を迎え本会議で議案討論・採決が行われます。
 日本共産党からは、光永敦彦幹事長(京都市左京区)が議案討論に、馬場紘平議員(同伏見区)が意見書・決議案の討論にそれぞれ立ちます

職員給与削減案を議論・採決  28日午後に本会議

2013/06/28 更新
この記事は 1 分で読めます。

 本日午後1時15分から府議会本会議が開かれ、府職員給与削減条例・予算案の審議・採決が行われます。

 府議会のインターネットで中継されます。

本日(26日)、西脇、迫両議員が一般質問  6月定例会

2013/06/26 更新
この記事は 1 分で読めます。

6月定例会一般質問2日目の26日、日本共産党からは西脇郁子、迫祐二の両議員が立ちます。

 西脇議員は2番目、迫議員は4番目です。

 

 開会は1時15分。インターネット中継されます。こちら→

本日(25日)、原田完議員が一般質問します  6月定例会

2013/06/25 更新
この記事は 1 分で読めます。

 京都府議会6月定例会の本会議一般質問が25~27日に行われます。本日は、日本共産党の原田完議員が質問します。本会議は午後1時15分から開かれ、原田議員は2番目に質問します。

一般質問はインターネット中継されます。こちら→

             ◇

 26日は、日本共産党の西脇郁子、迫祐二両議員が質問します。

本日午後1時から 島田敬子議員が代表質問に立ちます

2013/06/21 更新
この記事は 1 分で読めます。

 本日(21日)午後から6月定例会代表質問が行われます。日本共産党京都府会議員団から、島田敬子議員が立ちます。午後1時から。KBS京都で中継されます。

6月定例会が開会  7月4日まで

2013/06/17 更新
この記事は 2 分で読めます。

6月定例会が17日開会しました。府職員や教職員、警察職員などの給与削減条例案や新総合資料館(仮称)新築工事請負契約締結の件、関西広域連合規約変更に関する協議の件など議案22件が提案されました。会期は7月4日まで。

                                                      ◇

  20、21日に代表質問、25~27日に一般質問が行われます。

 日本共産党からは島田けい子府議(京都市右京区)が、21日午後1時から代表質問に立ちます。 一般質問には、25日に原田完(京都市中京区)、26日に西脇いく子(同下京区)、迫祐二(同上京区)の各議員が立ちます。

6月定例議会は、17日開会  代表質問は 21日午後1時~島田けい子議員

2013/06/13 更新
この記事は 3 分で読めます。

6月定例議会は、17日開会7月4日閉会の予定です。

代表質問は 21日午後1時~島田けい子議員が行います。

  取り上げるテーマは

・アベノミクスと府民生活を守る緊急対策

・原発問題

・社会保障改悪について

・米軍専用レーダー基地(Xバンドレーダー)問題

・歴史認識と憲法95条改定問題

・道州制についてなど  です。

一般質問は 25.26.27日の三日間 原田完 迫祐仁 西脇郁子の三議員が行います

  それぞれ 午後1時15分からですが、順番は未定です。

img-613183331-0001.jpg

6月議会は17日開会  20、21日に代表質問

2013/06/06 更新
この記事は 1 分で読めます。

 6月定例会は17日に開会し7月4日閉会で開かれます。代表質問は6月20、21日、一般質問は25、26、27日に行われます。

 請願の締め切りは21日です。

 日程はこちら→府議会HP

5月臨時議会が開会。インフルエンザ対策と議会構成の正常化で申し入れ

2009/05/26 更新
この記事は 3 分で読めます。

090526mosire.JPG
 5月臨時議会が26日に開会しました(29日閉会予定)。
 この日、日本共産党府会議員団は、新型インフルエンザ対策に関する申し入れの第2弾として、「新型インフルエンザの影響に対する緊急経済対策の申し入れ」を山田知事あてに行ないました。
 新型インフルエンザ感染患者の確認依頼、修学旅行のキャンセルや学校休校にともない、観光関連業や給食関連業者をはじめ、府内の経済活動や中小零細業者の経営に多大な影響が出ています。「申し入れ」では、△緊急の実態調査を行なうこと、△損失補てん措置を緊急に講じること、△関係市町村と協議し国保料(税)や固定資産税などの支払い猶予措置を設けること、△無利子・無担保・無保証人の緊急融資制度を創設するとともに、既存の融資の返済猶予措置を講じること、△国に対して「緊急休業補償制度」の創設や必要な財源を求めること、などを要望しています。
 申し入れには、新井進団長、前窪義由紀、光永敦彦、加味根史朗、原田完、西脇郁子、迫祐仁の各議員が参加しました。応対した麻生純副知事は、「すそ野の広いところで影響が出ている。やれることはきちんとやっていく」と述べました。
 またこの日、日本共産党府議団は、家本丈夫府議会議長に「議会構成の正常化についての申し入れ」を行ないました。これは、府議会で長期にわたり「与党会派」によって、議長、副議長、議会選出監査委員、常任・特別委員会の正副委員長から日本共産党を排除するという異常な事態が続いている中で、民意を反映した構成により、府議会の役割が果たせるように申し入れたものです。
 また、議長あてと同趣旨の申し入れを、自民党、民主党、公明党、京都創生フォーラムの各議員団に対しても行ないました。
「新型インフルエンザの影響に対する緊急経済対策の申し入れ」全文はこちら
「議会構成の正常化についての申し入れ」全文はこちら