議員団活動

カテゴリー:懇談会

議会報告・予算要求懇談会  「9月議会終えて談話」

2017/11/18 更新
この記事は 8 分で読めます。

 DSC_8039 - コピー.JPG 

    17日、9月定例府議会の報告と京都府への来年度予算についての要望をお聞きする「議会報告・予算要求懇談会」を開催しました。当日は、労働、教育、女性、高齢者運動,府内の市会議員の方々など様々な方に参加をいただき、貴重なご意見を伺いました。ありがとうございました。

 

 9月議会の特徴や論戦をまとめた「9月定例議会を終えて」を発表しました。ぜひご覧ください。

2017年9月定例議会を終えて.pdf 

京都府保険医協会の皆さんと懇談

2015/10/24 更新
この記事は 3 分で読めます。

 日本共産党京都府会議員団は23日、京都府保険医協会の皆さんとの懇談会を行いました。

 20151023保険医協会との懇談.JPG

 安倍政権による暮らしと社会保障への攻撃をはね返すためにも、医療現場の声を直接お聞きしたいということで取り組んだものです。たいへんお忙しい中、垣田さち子理事長、渡辺賢治副理事長などに参加いただき、短い時間でしたが、たいへん有意義な意見交換をすることができました。

 とりわけ、「新専門医制度」を中心とする医療制度改革については、国民皆保険制度を掘り崩してこれまでとは全く違う医療提供体制をつくるものであることが詳しく述べられ、これを許さない取り組みの重要性について、あらためて認識を深めることができました。

 また、戦争法の廃止をめざす「国民連合政府」の提案についても話題になり、「共産党も変わらなければならない」と思い切った提案がされたことに対し、歓迎と期待の声が寄せられました。

ブラックバイト根絶を 青年・学生との要求懇談会を開催

2015/01/22 更新
この記事は 3 分で読めます。

 民青同盟京都府委員会は21日、若者・学生の違法な働かせ方をなくそうと、京都労働局や京都府へ実態調査の強化や身近な相談窓口の設置などを申し入れました。その後、日本共産党京都府会議員団と懇談し、この間のアンケート調査で明らかになった深刻な実態や今後の取り組みなどについて意見を交わしました。

青年要求懇談会2.JPG

 議員団との懇談で青年や学生からは、「個人経営のカフェのバイトで、深夜まで働いても割増賃金がない」「大学で授業中でもバイト先から電話で呼び出される」「行政は頑張っていると言うが、労働者の権利や相談窓口を知らない学生は多い」といった実態が紹介されました。最後にかみね副団長は、「若者の権利を守らせる運動を一緒に取り組んでいこう」と呼びかけました。

 議員団からは、まえくぼ義由紀団長、かみね史朗副団長、島田けい子府議、原田完府議、さこ祐仁府議、成宮まり子府議、馬場こうへい府議の7名が参加しました。

京都府・市民のたたかいを交流  府市政合同報告懇談会

2013/04/26 更新
この記事は 2 分で読めます。

 DSCF6043 (480x360).jpg

 日本共産党の京都府・市両議団26日、京都市中京区内で京都府市政合同報告懇談会を開催しました。自治体要求連絡会との共催。

 府議団からは光永敦彦幹事長、市議団からは山中渡団長がそれぞれ議会報告を行いました。倉林明子市議団幹事長(参議院京都選挙区候補者)が、4月2日に行った政府交渉の報告を行いました。

 参加者との懇談では、京丹後市のXバンドレーダーの配備計画反対の運動、国の大幅な予算・補助金の使い方、公共投資というが現場からはとても対応できないと悲鳴があがっている職員不足問題、生活保護実態調査報告などの発言が相次ぎました。

 また7月の参院選と同時に行われる市議補選(中京区)に立候補する平井良人候補が、市民の苦しい生活実態を紹介し、解決が困難な生活相談が増えていると述べました。

 前窪義由紀府議団長が閉会のあいさつをしました。

学費の負担軽減、就職活動のルールづくりなどで学生・教職員団体と懇談

2011/06/23 更新
この記事は 2 分で読めます。

110623fugakurenkondan.JPG 京都府学生自治会連合と京滋地区私立大学教職員組合連合は連名で6月議会開会の23日、府議会に「学費の負担軽減、奨学金制度拡充を求める陳情書」と「学生の雇用確保と就職活動のルールづくり、経済的負担の軽減を求める陳情書」を提出、議会の各会派にも申し入れをされました。共産党議員団との懇談には、11名の議員全員が出席。「平日の就職説明会のため講義に出られない」「就活の交通費が月10万」などの実態が出され、今後の共同した取り組みを話し合いました。

農業の未来語り合う懇談会(京丹後市)に参加

2009/03/21 更新
この記事は 2 分で読めます。

090321nogyokondankai.JPG 日本共産党丹後地区委員会は21日、京丹後市の久美浜町農業センターで「農業の未来を語り合う・講演と懇談会」を行ない、約60人が参加しました。
 懇談会では、日本共産党の有坂哲夫農漁民局長と松尾孝府会議員が参加。昨年日本共産党が発表した「農業再生プラン」とその後の全国的な運動の変化、農業の現状と課題について資料をもとに詳しく報告がされ、「国民の願いと一致する再生プランに確信をもって、国民の知恵と力で議論するところから始まる。同時に日本共産党が躍進すれば政治は変わるし農政も大きく変化する」と日本共産党の躍進を訴えました。
 参加者からは、自民・公明の悪政で農業がないがしろにされている実状が話され、「農業は課題は多いが地域の再生のために議論を広げていきたい」などの感想が寄せられました。
 丹後地区委員会は、懇談会にむけ京丹後の農業委員会会長や農業委員を訪問。「丹後の農業は特色がない」「後継者をどう育てるか」「米や農業で食える状況をつくってほしい」「都会から丹後に帰ってこられる地域づくりをする」などの活発な意見が寄せられていました。

「志位和夫が語る日本経済改革 講演・懇談会」を開催

2009/03/07 更新
この記事は 2 分で読めます。

090307shiikoen.JPG
 日本共産党京都府委員会は3月7日、京都市上京区の西陣織会館で、「志位和夫が語る日本経済改革 講演・懇談会」を開催し、中小企業経営者、銀行幹部、自治体関係者など約250名が参加されました。日本共産党府議団も出席しました。
 日本共産党の志位和夫委員長は、①人間らしい雇用のルールの確立、②外需頼みから内需主導への転換、③外資頼みの投機市場からの脱却の三つの角度から45分にわたって縦横に講演。懇談で出された質問、意見、激励にも、志位委員長やこくた恵二衆院議員が答えました。

被爆者懇談会と懇談

2008/11/25 更新
この記事は 2 分で読めます。

081125hibakushakondan.JPG
 日本共産党府議団は11月25日、京都原水爆被災者懇談会(被爆者懇談会)の方々と懇談を行ない、原爆症認定問題、被爆者とその子どもへの支援の問題などで、被爆者やご遺族の思いを聞かせて頂きました。
 この内容は、12月府議会一般質問で、山内よし子議員がとりあげました。

「生活危機突破をめざす報告・懇談会」に80名

2008/09/12 更新
この記事は 2 分で読めます。

080912kondankai.JPG
 12日夜、ハートピア京都で日本共産党京都府議団・京都市議団の主催、自治体要求連絡会の共催で「生活危機突破をめざす報告・懇談会」が開催され、80名の方々が参加されました。佐野春枝新市議のあいさつの後、こくた衆院議員が緊迫した国会の動きを報告、府議団・市議団からこの間の原油高騰問題などでの取り組みを報告し、活発な意見交換・懇談を行ないました。写真は報告する光永府議団幹事長。

26日、緊急国会報告/原油高騰問題l懇談会を開催

2008/06/27 更新
この記事は 2 分で読めます。

DSCF0198.JPG
 26日、日本共産党京都府委員会、京都府会議員団、京都市会議員団は共催で、「緊急国会報告/原油高騰問題懇談会」を開催しました。これには60名の方々が参加、府会議員団からは8名が出席しました。
 こくた恵二衆院議員が閉会した第169国会の特徴と党議員団が果たした役割を報告し、続いて市会・府会議員団から深刻となっている原油高騰問題の取り組みを報告しました。府議団は原田完府議(議員団原油高騰問題対策本部長)が、府民の運動と議員団の論戦の中、この4月から実施されている「原油価格高騰対策等特別支援制度」(府市協調融資)、6月議会に提案されている「障害者送迎サービス原油高緊急対策」、議員団が今月緊急に行った府内各地の調査などを報告しました。
 参加者からは、「なぜ原油が高騰するのか」の質問や、深刻な実態が出され、今後の取り組み強化を確認しあいました。