議員団活動

カテゴリー:申し入れ

京都シャトルバス運行継続を求める申し入れ

2011/08/22 更新
この記事は 2 分で読めます。

CIMG1111.JPG
日本共産党京都府議団は、22日、京都シャトルバスの運行を継続するよう、山田啓二府知事に申し入れました。
府は、東日本大震災で被災し、避難されている方々のため、京都と福島をつなぐ無料の京都シャトルバスを運行。府職員派遣バスを活用したシャトルバスは、被災者のみなさんに利用され、とても喜ばれてきました。
しかし、府が職員派遣の形態の変更に伴い、シャトルバスの運行を8月末で終了するとしたことから、京都に避難しているみなさんから「ぜひ継続を」と強い要望があり、今回の申し入れとなったものです。
18日現在、福島県からの避難者受け入れは797人となっており、19日京都発のバスには11世帯20人が乗車、24日発の便には30人が乗車予定など、シャトルバスは移動手段として欠かせないものとなっています。
申し入れでは、「家族が散り散りになり、経済的負担も大きい。シャトルバスは何とか延長してほしい」など、避難者の声も紹介しながら、運行継続を強く求めました。
申し入れには、前窪義由紀団長、加味根史朗、浜田良之の各議員と本庄孝夫元府議が参加し、山田清司・京都府危機管理監が応対しました。

申し入れ文書はこちらから

若狭原発撤退を要請 党京都府議団が知事に(第3次)

2011/07/21 更新
この記事は 3 分で読めます。

CIMG0194.JPG
 日本共産党京都府議団(前窪義由紀団長、11人)は19日、若狭湾の原発のすみやかな撤退を求めるよう、山田啓二府知事に申し入れました。
 高速増殖炉「もんじゅ」の存廃が間われる事態や大飯原発-号機が調整運転停止(16日)になったもとで、知事が、原発の依存度を段階的に減らす「縮原発」の立場から、撤退へ舵(かじ)を切るよう要請したものです。
 内容は、▽運転停止中の原発と大飯原発-号機の運転再開を認めない▽老朽原発8基の廃炉、「もんじゅ」を廃炉にしプルサーマル計画の中止を国と関電に求める▽原発のすみやかな撤退、自然エネルギーの飛躍的拡大を国と関電に求め、府として具体化を急ぐーなどの5点。
 申し入れは、前窪団長、光永敦彦、加味根史朗、山内佳子、島田敬子の各議員が参加し、山田清司・京都府危機管理監が応対しました。
 同府議団は、これまでにも知事に対し、原発の安全対策などを求める1次(3月18日)、2次(4月15日)の申し入れを行い、6月定例会の代表質問で、危険な原発からの撤退、自然エネルギーへの転換へ政治決断を迫ってきました。
 また、原発施設の現地調査のほか、関西電力に対しても、原発からの撤退とエネルギー政策の転換を求めて、府内26市町村の党議員団と連名で京都支社(5月31日)に、近畿各県の議員団とともに本社(6月13日)に申し入れました。

討論・運動広げる
 前窪団長の話 知事が、原発依存度を下げるというのであれば、「原発ゼロ」の立場に立つかどうか問われます。菅首相の「脱原発は私見」という発言など、巻き返しの動きが強まる中、府議団は「原発からの撤退」を求める府民運動と討論を広げるため、ひきつづきがんばります。

申し入れ文書はこちらから

関西電力に原子力発電所安全対策の抜本的強化を求める申し入れ

2011/05/31 更新
この記事は 2 分で読めます。

20110531-kansai-denryoku-moushiire.jpg 日本共産党府議団は5月31日、党京都府委員会、府内26市町村の党議員団と連名で、関西電力株式会社に対し、原子力発電所の安全対策の抜本的強化を求める申し入れを行ないました。申し入れは、府議団から前窪義由紀団長、加味根史朗副団長が参加し、渡辺和俊府委員長、山中渡京都市議団長、堀口達也綾部市議団長、後野和史舞鶴市議団長、穀田恵二衆院議員(代理)とともに同社京都支店を訪れて行ない、同支店の堀田太治副支店長らが対応しました。

5月臨時議会開会 議会の民主的構成で申し入れ

2011/05/23 更新
この記事は 2 分で読めます。

 23日に5月臨時議会が開会しました。東日本大震災と福島原発事故の深刻な事態が続く中、救援・復興に向けた本格的な取り組みが求められるとともに、4月の統一地方選・府会議員選挙を受け、新たに正副議長の選出等が行なわれる重要な議会です。
 日本共産党府議団は、開会日に当たり、自由民主党京都府議会議員団、民主党京都府議会議員団、公明党京都府議会議員団、京都創生フォーラムの4会派に、議会の民主的構成を求める申し入れを行ないました。
 申し入れでは、第1会派から議長、第2会派から副議長を選出しルール化すること、議会選出の監査委員は、日本共産党排除をやめ、民意を反映して選出すること、常任・特別委員会、予算・決算特別委員会の正・副委員長は、各会派の議員数に応じて配分すること、などを求めています。
申し入れ文章はこちらから

私立高校授業料無償化に関する申し入れ

2011/04/27 更新
この記事は 2 分で読めます。

110427sigakumousiire.JPG 日本共産党府議団は27日、山田啓二知事あてに、今年度から年収500万円未満世帯まで拡充された私立高校授業料無償化制度について、速やかに実施することなどを求める申し入れを行ないました。申し入れは、山内よし子・西脇いく子各議員と、浜田よしゆき新議員で行ない、稲垣勝彦文教課長が対応しました。

原子力発電所の安全対策で緊急申し入れ

2011/04/15 更新
この記事は 3 分で読めます。

110415genpatumousiire.JPG
 日本共産党府会議員団は15日、山田知事あてに「若狭湾原子力発電所群の安全対策等を速やかに求める緊急申し入れ」を行ないました。福井県にある14基の原子力発電所は、京都府域にも直接大きな影響を及ぼすため、万全な安全対策が緊急の課題です。府は「専門家会議」も開き、緊急時計画区域(EPZ)の見直し等議論が始めていますが、府議団は原発安全対策について緊急申し入れを行なったものです。

大震災の影響に対し中小企業への支援強化を求める申し入れ

2011/03/25 更新
この記事は 2 分で読めます。

110325daisinsaikeizaitaisakumousiire.JPG 日本共産党府会議員団は25日、東日本大震災の影響で大きな被害をこうむっている中小企業への支援について、山田知事に緊急の申し入れを行ないました。申し入れでは、早急に影響の実態調査を行なうこと、23日に金融庁が発出した要請文書「東北地方太平洋沖地震にかかる災害等を踏まえた年度末金融の円滑化について」の内容を府内の金融機関に徹底することなどを求めています。申し入れは、新井進、原田完、さこ祐仁の各府議で行ない、山下晃正商工労働観光部長が対応しました。
府議団の緊急申し入れはこちら
金融庁の要請文書はこちら

東日本大震災対策で京都府に申し入れ

2011/03/17 更新
この記事は 2 分で読めます。

110317higasinihondaisinsaimousiire.JPG 日本共産党京都府委員会と府会議員団は連名で17日、山田啓二府知事あてに「東日本大震災対策のいっそうの強化を求める申し入れ(第1次)を行ないました。申し入れは、新井進府議団長、渡辺和俊党府委員長、みつなが敦彦、原田完、さこ祐仁の各府議(写真、手前左側から反時計回り)の参加で行ない、府側は山内修一副知事、今井真二危機管理・防災課長(写真、手前右側とその隣)が対応しました。

雪害対策で緊急申し入れ

2011/02/07 更新
この記事は 2 分で読めます。

110207setugaimousiire.JPG  日本共産党府会議員団は7日、山田知事に、雪害対策についての緊急申し入れを行ないました。これは、昨年末以来の連続的な大雪により、府内各地で記録的な積雪となり、府民生活に重大な影響を与え、農林業や観光業が深刻な被害を受けているもとで、府民生活と地域経済を守るために、京都府が関係市町と協力して、緊急対策を講じるよう求めたもの。申し入れには、梅木のりひで、まえくぼ義由紀、かみね史朗、原田完、西脇いく子、さこ祐仁の各議員が参加しました。

住宅ローンの軽減周知について要望

2010/12/27 更新
この記事は 2 分で読めます。

101227kinrihikisageyobo.JPG 日本共産党府会議員団は、党京都府委員会、こくた衆院議員、井上参院議員、党京都市議団と連名で27日、京都信用金庫、京都銀行協会、近畿財務局京都財務事務所に対して、「住宅ローンの金利引き下げについての要望」を手渡し、申し入れました。これは、金利引き下げなど住宅ローン返済の利用者相談に応じるよう金融機関に努力を求めた「中小企業金融円滑化法」の周知、徹底などを求めたもの。申し入れはこくた衆院議員(代理・木戸秘書)、原田完府議、井坂博文京都市議らで行ないました(写真は京都銀行協会)。
連名の要望書全文はこちら