議員団活動

カテゴリー:見解・主張

「2015年9月定例議会を終えて」談話を発表

2015/11/13 更新
この記事は 2 分で読めます。

 9月16日から始まった京都府議会9月定例会が、決算特別委員会をはさみ11月4日に閉会しました。

 9月議会の特徴、日本共産党京都府会議員団の論戦や立場などをまとめています。ぜひご覧ください。

2015年9月定例議会を終えて.pdf

2016年度 京都府予算に対する申し入れを行いました

2015/11/06 更新
この記事は 3 分で読めます。

 日本共産党京都府会議員団は、11月4日、「戦争法に反対し、憲法を生かし、府民の暮らしと地域経済を守る府政を」とする2016年度の京都府予算に関する要望を知事に対して申し入れました。申し入れには、山内修一副知事が対応しました。

20151104予算申し入れ.jpg

 今回の申し入れは、今日の府民の切実な要望を踏まえて、①安倍内閣の暴走への追随をやめ、憲法と平和、暮らしを守る府政にすること。②アベノミクス地方版としての「地方創生」でなく、住民が主人公の地域づくり、地域経済の振興をはかること。③自治体の役割を解体する府政運営をあらため、公的責任を果たす府政とすること。④誰もが安心できる社会保障、どの子も大切に伸ばす教育を実現すること。として、4つの柱で府政の今後のあり方について重点的に要望しています。

 重点要望は28項目、各分野の要望は6つの柱で118項目、合計146項目です。

↓詳しくはこちらをご覧ください。

2016年度京都府予算に対する要求書.pdf

「2015年度6月議会を終えて」談話を発表

2015/07/09 更新
この記事は 1 分で読めます。

 6月18日から始まった京都府議会6月定例会が、7月7日に閉会しました。

 6月議会の特徴、日本共産党京都府会議員団の論戦や立場などをまとめています。ぜひご覧ください。

2015年6月定例府議会を終えて.pdf

「2015年年度5月臨時議会を終えて」談話を発表

2015/05/22 更新
この記事は 6 分で読めます。

 5月18日から始まった5月臨時会が、5月22日に閉会しました。それをうけて日本共産党京都府会議員団は、以下の談話を発表しました。

2015年5月臨時議会を終えて

2015年5月22日

日本共産党京都府会議員団

団長 前窪義由紀

 

5月18日に開会した5月臨時議会が本日、22日閉会した。

 

 今議会は、先に行われた京都府議会議員選挙を踏まえ、議長・副議長や議会選出の監査委員の選任、および各常任委員会ならびに特別委員会の委員構成の確定と正・副委員長の選出等を行うとともに、専決した2議案が提案され、そのうち第2号議案「京都府府税条例の一部改正の専決処分について承認を求める件」に反対した。

 

1、第2号議案「京都府府税条例の一部改正の専決処分について承認を求める件」は、法人企業の外形標準課税の拡大や、すでに一般化した「エコカー」に対する自動車取得税・自動車税のグリーン税制等を含んでおり、また、資産流動化法にもとづく、事実上大企業や大手事業所を対象とした特定目的会社が取得する不動産取得税への特例税率等の延長であり、反対した。

 

2、我が党議員団は、各議員団に対し、議会開会日に、議長・副議長の選出にあたっては、憲政の常道に立って、議席数に応じた選出を行うという、民意が正しく反映されるルールにもとづく選出を行うとともに、永年にわたり自民・公明・民主等によって、常任委員会、特別委員会の委員長・副委員長から、日本共産党を排除するという異常な事態を改めるよう、議会の民主的な構成を求める申し入れを行った。

 とりわけ、今回は、日本共産党が改選時11議席から14議席へと躍進するとともに、その結果、議席数で民主党を追い抜き、自民党につぐ第二党の位置を占めることとなったため、それを踏まえた対応をすることは当然と厳しく求めた。

 ところが自民・公明・民主等は、旧態依然とした「オール与党」の枠組みに固執した議長・副議長の選出を行い、また議会選出の監査委員も自民会派が独占した。さらに常任委員会・特別委員会の委員長・副委員長も、すべて自民・公明・民主会派が占めることとなった。

 これは、選挙で示された民意や、議会の公正で民主的な運営を踏みにじる暴挙であり、我が党議員団は厳しく抗議するものである。

 さらに、もともと常任委員会については、従来どおりの6つの委員会であれば、躍進した我が党議員数により、2つの常任委員会で副委員長を獲得することが可能であった。ところが、議席数では我が党議員を役員から排除できないため、今度は常任委員会構成を現行6つから5つに削減し、それにより投票で我が党議員を副委員長に選出することができないようにする暴挙を強行したことは、異常な党利党略そのものである。しかも、新たな部局として「文化スポーツ部」「環境部」が設置されたことや、行政課題や府民要求が多様化、山積し、審議の充実が求められているにもかかわらず、それらを審議する常任委員会を減らすことは、二元代表制の一翼を担うべき議会の役割を弱めるものである。

 

3、一方、選挙で躍進し議席が増加したことにより、議会運営委員が3名から4名となり、また都市計画審議会委員も1名から2名へと増えた。さらに関西広域連合議会議員は、これまで与党調整で投票により我が党を排除してきたが、今回は投票により我が党議員が議席を得ることとなった。これは、「オール与党」の古い枠組みをもってしても、民意とそれにもとづく議席増の前に、我が党を排除しきれない事態を生んだもので、この古い枠組みに風穴をあける重要な前進である。同じく初選出された京都市会の我が党関西広域連合議員とも連携・協力し、その条件をいかんなく発揮して、「地方創生」や道州制等への動きに対し、厳しい論戦を行うものである。

 

 我が党議員団は、いっせい地方選挙で躍進した力を土台に、当面の「戦争法案」成立阻止、安倍政権の暴走ストップ、暮らしを守る自治体づくりと切実な府民要求実現にむけ、全力をあげるものである。

5月臨時議会で選出された役員

京都地方税機構議会議員     光永敦彦

関西広域連合委員会議員     加味根史朗

議会運営委員会委員       光永敦彦、島田敬子、浜田良之、成宮真理子

議会運営委員会理事       光永敦彦

予算特別委員会幹事       加味根史朗

政策調整会議委員        浜田良之

広報広聴会議委員        成宮真理子

京都府都市計画審議会委員    馬場紘平、原田 完

京都府営水道事業経営審議会委員 前窪義由紀

 

常任委員会

総務・警察       原田完、西脇郁子、光永敦彦

府民生活・厚生     島田敬子、山内佳子、森下由美

文化・教育       浜田良之、本庄孝夫、成宮真理子

環境・建設交通     迫祐仁、前窪義由紀

農商工労働       馬場紘平、上原裕見子、加味根史朗

 

特別委員会

地域創生戦略に関する  光永敦彦、島田敬子、浜田良之

防災・危機管理対策   山内佳子、迫 祐仁、前窪義由紀

関西広域連合に関する  加味根史朗、馬場紘平、森下由美

暮らしの安心・安全対策 西脇郁子、上原裕見子、本庄孝夫

スポーツ振興      成宮真理子、原田 完

日本共産党京都府会議員団の新役員

団長   前窪義由紀(再)

副団長  加味根史朗(再)

副団長  島田敬子(新)

幹事長  光永敦彦(再)

事務局長 桝井義行(再)

2015年5月臨時議会を終えて.pdf

京都府と関西電力株式会社による「安全協定」締結について (談話)

2015/02/27 更新
この記事は 11 分で読めます。

京都府と関西電力株式会社による「高浜発電所に係る京都府域の安全確保等に関する協定書」の締結について(談話)

 

2015年2月27

日本共産党京都府会議員団

団長 前窪 義由紀

 

 本日、京都府は関西電力株式会社と、原子力規制委員会が3、4号機を審査合格とした関西電力高浜原子力発電所(福井県高浜町)について、いわゆる「安全協定」を締結した。

 今回の「安全協定」には、京都府の意見表明権や関西電力株式会社の回答義務を盛り込んだというものの、最大の課題であった「地元同意権」は、盛り込まないものとなり、府民の願いに背くものである。その結果、関西電力株式会社と政府が急ぐ高浜原子力発電所3、4号機の再稼働については、「安全協定」の対象外となり、事実上、再稼働を容認することにつながるものである。

 これまで、わが党議員団は、原発ゼロの立場から、高浜原子力発電所の再稼働を許さないことを一貫して求め、また原子力規制委員会が高浜原子力発電所3、4号機について「新規制基準」に適合しているという「審査書」を正式決定した際にも、その撤回を厳しく求めた。また、再稼働と「安全協定」をめぐり、府民の皆さんや各種団体の皆さんが、繰り返し「再稼働を許すな」「同意権なき安全協定は問題」と京都府庁前の宣伝や知事への申し入れを行うなど、高浜原子力発電所3、4号機の再稼働の動きを許さない声は、いっそう大きく広がっている。

 わが党議員団は、こうした皆さんと力を合わせ、再稼働を許さないために、議会内外で引き続き全力をあげるものである。

以上

 

高浜発電所に係る協定書など.pdf

原子力災害に係る広域避難要領.pdf 

(声明) 維新の党・豊田貴志議員による「テロ政党」発言の謝罪を求める

2015/02/20 更新
この記事は 5 分で読めます。

   219日の府議会本会議一般質問で、維新の党・豊田貴志議員(山科区)が、わが党にたいし「テロ政党とも評される」と発言した。わが党議員団は、その場で「公党にたいする侮辱であり、絶対認められない」と取り消しと謝罪を求めた。さらに「謝罪と発言の撤回」を厳しく求め、本日「声明」を発表した。

維新の党「テロ政党」発言の謝罪を求める(声明).pdf

高浜原発の適合「審査書」撤回を求める声明を発表、抗議宣伝を行いました

2015/02/13 更新
この記事は 4 分で読めます。

 日本共産党京都府会議員団は、12日の関西電力・高浜原発3、4号機の適合「審査書」正式決定をふまえ、抗議の声明と宣伝を行いました。

 声明では、「新規制基準」自体が「世界最高水準」でもなく、事故の際の住民の避難計画も審査の対象となっていないことや、まともな検討もないまま「適合」と決定されたことなどを厳しく批判し、「審査書」の撤回を求めています。

 また、京都府が「同意権」のない「安全協定」を関西電力と結ぶことも、厳しく批判しています。

 ↓声明全文はこちら

高浜原発 適合「審査書」の撤回を求める声明.pdf

 昨日の事態をふまえ、日本共産党京都府会議員団は緊急に、適合「審査書」の決定に抗議する宣伝を烏丸御池で行いました。また、本日から始まった定例議会の昼休みには、きんかん行動に取り組まれている市民団体による府庁前抗議行動に、府議団も参加しました。

20150213高浜適合審査書抗議宣伝@烏丸御池.JPG

京都府老人医療助成制度(マル老)の縮小・改悪等について 団長談話

2015/01/24 更新
この記事は 6 分で読めます。

 1月22日、京都府と市町村が協議する「少子化・子育て支援に係る経済的負担軽減対策懇談会」及び「高齢者医療に係る懇談会」が開かれ、京都府が制度の見直し案を提案、市町村と合意されました。二月定例府議会と各市町村議会に提案、実施される方向とされています。

  内容は、京都府子育て支援医療助成制度の対象年齢を中学校卒業まで拡充し、入院は自己負担を月200円、通院は、3歳未満を月200円、3歳以上を月3,000円とするもの。また、新たに、第3子以降の幼稚園・保育園の保育料免除事業制度を創設し、全額免除としました。

 一方、京都府老人医療助成制度(マル老)は、今年4月から、現行3割負担を1割負担へ軽減している制度を、2割負担へと引き上げ、また対象者を世帯全員が所得税非課税とすることとされ、縮小・改悪の方向が明らかになりました。

 日本共産党府会議員団は、このような動きについて「団長談話」を発表しました。

京都府老人医療助成制度の見直し等について 談話.pdf

少子化・子育て支援に係る経済的負担軽減対策懇談会資料.pdf

高齢者医療に関する懇談会 資料.pdf

 

 

 

米軍Xバンドレーダーが本日運用開始。抗議声明を発表しました

2014/12/26 更新
この記事は 4 分で読めます。

京都府政記者クラブ、丹後広域振興局同時資料配付-2.jpg 京丹後市経ヶ岬へのXバンドレ-ダーの配備準備が完了し、本日(26日)午後9時から本格運用を開始することを、防衛省が京都府に通告しました。

 日本共産党京都府会議員団は、直ちに抗議声明を発表しました。

 抗議声明全文はこちら↓

京丹後市への米軍Xバンドレーダーの運用開始に抗議する.pdf

 また、京都府政記者クラブと丹後地域振興局へ同時に配布された資料も、こちらにアップします。↓

京都府政記者クラブ、丹後広域振興局同時資料配付.pdf

 府会議員団は、「オール沖縄」の米軍基地建設反対の闘いをはじめ、全国の闘いと連帯し、基地の運用中止、基地撤去を実現するために、いっそう全力をあげる決意です。

「2014年年度12月議会を終えて」談話を発表

2014/12/26 更新
この記事は 2 分で読めます。

 12月1日から始まった12月定例会が、12月24日に閉会しました。

 12月議会の特徴、日本共産党京都府会議員団として論戦や立場などをまとめています。ぜひご覧ください。

2014年12月定例会を終えて.pdf