議員団活動

新着一覧

沖縄・普天間基地包囲行動に参加

2010/05/16 更新
この記事は 2 分で読めます。

100516futenmahouikodo.JPG
 米軍の普天間基地無条件撤去を求める世論と運動が日本中に広がっています。5月16日、雨天をついて行なわれた普天間基地包囲行動には1万7千人が参加しました。
 日本共産党府議団を代表して、さこ祐仁議員が府議団の寄せ書きとともに参加しました(写真は、成宮まり子京都国政委員長ら、京都の方々とともに「人間の鎖」に参加する さこ議員)。

日本共産党府議団が緊急街頭宣伝

2010/05/12 更新
この記事は 2 分で読めます。

100512kinkyuugaisen.JPG 日本共産党府議団は12日、四条通と京都駅前の2ヶ所の繁華街で、議員団あげての緊急街頭宣伝を行ないました。
 車上からの訴えでは、沖縄・普天間基地問題での公約違反などで「民主党には失望した」「しかし自民党への後戻りはごめん」という声が広がっている中で、普天間基地の無条件撤去の問題でも、核兵器廃絶の課題でも、志位委員長が訪米して積極的な外交活動を展開するなど、日本共産党の役割が浮きぼりになっていることを紹介。通行される方々から大きな注目を集めました。

第81回全京都統一メーデーに参加

2010/05/01 更新
この記事は 2 分で読めます。

●RIMG0877トリミング.JPG 日本共産党府議団は、第81回全京都統一メーデーに参加。働く人々やメーデー参加の府民とともに、「米軍普天間基地の即時無条件撤去を」「労働者派遣法の抜本改正を」「後期高齢者医療制度は即時廃止せよ」などの声を響かせました。
 集会・デモに参加するとともに、成宮まり子京都国政委員長、党京都市議団らとともに、各デモコースの激励に立ちました(写真は二条城前の集会会場で)。

あんしん医療署名(3次分)など約7万筆を京都府に提出

2010/03/23 更新
この記事は 2 分で読めます。

100323shomeiteishutu.JPG
 3月23日、京都府に「子どもの医療費を小学校卒業まで無料、65才以上の高齢者の医療費助成の拡充」を求める署名の第3次提出が行なわれました。

京建労の春の大運動総決起集会に参加

2010/03/21 更新
この記事は 2 分で読めます。

100321kenromaruyamashukai.JPG
 全京都建築労働組合(京建労)は3月21日、住宅改修助成制度創設、公契約条例制定などを求める総決起集会を開催し、会場の円山音楽堂いっぱいの方々が集まりました。医師の門ゆうすけさんもあいさつし、府政転換を訴えました。日本共産党府議団も参加し、紹介を受けました。

府の入札問題についての府議会報告パンフを発行

2010/03/18 更新
この記事は 2 分で読めます。

nyusatupanfu_ページ_01.jpg
 日本共産党府会議員団はこのほど、「地元の中小業者にこそ仕事を デジタルテレビ入札問題について」という府議会報告のパンフレットを発行しました。
 京都府は2月、「スクール・ニューディール」構想に基づくデジタルテレビの発注について、地域経済に資するという本来の趣旨に反し、「分離・分割発注し、入札に地域要件をもうけよ」という党府議団や中小業者の方々などの申し入れ・抗議を無視して、一括発注を強行。東京に本社をおく大手のOA機器専門商社に落札させました。
 この府議会報告パンフレットは、府議団の申し入れや抗議の声明、予算委員会での追及、他自治体での事例などで編集したものです。このホームページでも見られますので、ぜひご覧ください。
入札問題での府議会報告パンフレット全文はこちら

3種類の府議会報告ビラを発行

2010/03/17 更新
この記事は 3 分で読めます。

1003kokuho.JPG 日本共産党府会議員団はこのほど、3種類の府議会報告ビラを発行しました。
 一つは、国保問題と子どもの医療費無料制度を特集した府議会報告です。値上げ計画が相次ぐ深刻な市町村国保に対し、国と府が負担を減らしてきた責任を明らかにし、支援を増やすべきとしています(写真はこの面)。もう一面では、全国でも京都でも広がる子どもの医療費無料制度を述べ、府が制度を拡充する必要性を明らかにしたものです。

「2月定例議会を終えて」を発表

2010/03/16 更新
この記事は 2 分で読めます。

 日本共産党府会議員団は3月16日、新井進団長名で「2010年2月定例議会を終えて」を発表しました。
 「議会を終えて」では、今議会が知事選挙を目前に控え、「あんしん医療署名」提出をはじめ府民的運動の広がりの中での議会であったとし、党議員団が議会開会に先立ち「当初予算案の発表にあたって」を明らかにして、暮らしの再生と府政転換に向けて積極的に論戦したことを述べています。
 そして、中小業者の要望にこたえていないこと、雇用対策で企業に社会的責任を果たさせていないことなど5つの問題点を指摘し、党議員団が一般会計予算に反対した理由を述べています。また、運動と論戦の中で、府政転換の必要性が浮きぼりとなったこと、「構造改革」府政に対して与党会派からも是正の声が上がるなど、与党会派が追い込まれ、迷走していることを明らかにしています。
 「定例議会を終えて」は最後に、「ひと・いのちが大切にされる京都府政」を実現する党議員団の決意を明らかにしています。
「2月定例議会を終えて」全文はこちら

山内議員が意見書・決議案討論、梅木議員が議案討論。2月定例議会が閉会

2010/03/12 更新
この記事は 3 分で読めます。

100312yamautiikenshotouron.JPG
100312umekigiantouron.JPG 3月12日の本会議で、山内よし子議員(京都市南区)が意見書・決議案討論、梅木のりひで議員(京都市左京区選出)が議案討論に立ち(写真、上から)、2月4日から開会していた2月定例府議会が閉会しました。

ジヤトコに対し、派遣切りした元労働者の雇用を指導せよと申し入れ

2010/03/12 更新
この記事は 2 分で読めます。

100312jatokomousiire.JPG 日本共産党府会議員団は、ジヤトコが京都府内の工場で新たな雇用確保を進めようとしていることが明らかになった問題で、知事に対し、違法に派遣切りされた元労働者を直接雇用するようジヤトコに指導することなどを求める申し入れを行ないました。
 申し入れは、みつなが敦彦幹事長、かみね史朗・原田完議員が行ない、府からは山下晃正商工労働観光部長が対応しました。