議員団活動

新着一覧

2月定例議会 さこ祐仁議員が一般質問

2010/02/16 更新
この記事は 2 分で読めます。

100216sakoippan.JPG 日本共産党の さこ祐仁議員(京都市上京区選出)は、16日の府議会本会議で、地球温暖化対策と鳥獣被害問題について知事の姿勢をただしました。

デジタルテレビ入札の中止を求める緊急申し入れ

2010/02/16 更新
この記事は 2 分で読めます。

100216schoolnewdeelmousiire.JPG 日本共産党府会議員団は、2月16日、京都府知事と京都府教育委員長に対して、「府立学校の『スクール・ニューディール』にともなうデジタルテレビ入札の中止を求める緊急申し入れ」を行ないました。申し入れの内容は、府立学校のデジタルテレビの入札問題に関して、中止を求めるものです。
 申し入れは、前窪義由紀・梅木紀秀両副団長、光永敦彦幹事長、原田完議員で行ない、京都府は金谷総務部副部長、府教育委員会は橋本管理部長が対応しました。
緊急申し入れの全文はこちら

2月定例議会 まえくぼ義由紀議員が一般質問

2010/02/15 更新
この記事は 3 分で読めます。

100215maekuboippan.JPG 日本共産党の まえくぼ義由紀議員(宇治市・久御山町選出)は、15日の府議会一般質問で、永住外国人の地方参政権、府南部地域の医療体制、城陽の山砂利問題について、知事の姿勢をただしました。

2月定例議会 新井進議員が一般質問

2010/02/12 更新
この記事は 2 分で読めます。

100212araiippan.JPG 日本共産党の新井進議員(京都市北区選出)は12日の府議会本会議で一般質問に立ち、議会を無視して「関西広域連合」設立を推進するのは中止せよと、山田知事に迫りました。また、深刻な現状にある林業の振興策について質問しました。

2月定例議会 かみね史朗議員が代表質問

2010/02/09 更新
この記事は 3 分で読めます。

100209kaminedaihyo (2).JPG 日本共産党の かみね史朗議員(京都市右京区選出)は、9日の府議会本会議で代表質問に立ち、「構造改革」を推進し格差と貧困、地域の疲弊を広げた2期8年の山田知事の府政運営を批判。切実な府民の声や実態を示し、経済・雇用、社会保障・教育、地方自治再生の3点で、ひと・いのちを大切にする政策転換を迫りました。

2・9春の府市民総行動に参加

2010/02/09 更新
この記事は 2 分で読めます。

100209fusiminsokodo.JPG
 京都総評などで作る総行動実行委員会は2月9日、京都府に向けて「2・9春の府市民総行動」を繰り広げました。写真は、府庁東門前で行われた昼休み大街頭演説会で、民主府政の会の医師・門ゆうすけさんや、各団体の代表とともに、日本共産党府議団を代表して訴える梅木のりひで議員。

「民主府政の会」街頭宣伝に参加

2010/02/04 更新
この記事は 2 分で読めます。

100204minshufuseigaisen.JPG
 2月定例議会開会本会議で、山田知事が出馬表明した4日の夕刻、「民主府政の会」は緊急に四条河原町で街頭演説を行ない、府政転換を訴えました。これには日本共産党府議団も参加し、車上からは医師の門ゆうすけさん、岩橋祐治京都総評議長とともに、まえくぼ義由紀副団長が訴えました(写真)。

府議会報告ビラを発行

2010/02/03 更新
この記事は 2 分で読めます。

201002fugikaihoukoku.jpg
 日本共産党府議団はこのほど、府議会報告ビラを発行しました。
 1面では、「府政転換・くらし再生」を訴える医師・門ゆうすけさんを紹介するとともに、各議員ごとに、この間の議会や地域での活動を紹介しています(写真は、京都市内共通版)。
 2面では、府民の願い実現に全力をあげてきた日本共産党府議団の活動を紹介しています。ぜひごらんください。
PDF版の府議会報告ビラは、こちらで見られます。

「府民の立場から地方税機構を考える交流集会」開催

2010/02/02 更新
この記事は 2 分で読めます。

100202zeimukyoudoukatudoi.JPG 京都府と府内の市町村(京都市をのぞく)で京都地方税機構が発足し、この1月から税務共同化の「業務を開始」しています。
 「地方税・国保料(税)税務共同化を考える会」は2月1日と2日、「府民の立場から地方税機構を考える交流集会」を開催し、府民・中小業者・自治体労働者や、日本共産党の地方議員団が参加、京都地方税機構の業務開始1ヶ月を検証する話し合いを行ないました。
 1日の南部会場(宇治市)では日本共産党の地方税機構議会議員である水谷修宇治市議が、2日の北部会場(福知山市)では同じく地方税機構議会議員の まえくぼ義由紀府議が報告を行ないました(写真は北部会場)。

2010年度府当初予算案についての団長談話を発表

2010/02/01 更新
この記事は 2 分で読めます。

 日本共産党府議団は2月1日、「2010年度当初予算案の発表にあたって」とする新井進団長の談話を発表しました。
 団長談話では、知事も「豊かでない現実」を認めざるを得なくなっているのに、それをつくりだした「構造改革路線」への反省と転換がないために、府民の置かれている現実に立ち向かえない予算案になっていると指摘。子どもの医療費無料化拡充や、中小企業の固定費支援に背を向けていること、商工会・商工会議所等育成費を連続して削減していること、一方で畑川ダムなど不要不急のムダな事業は続けていることなどの問題点を明らかにしています。
「当初予算案発表にあたって」の団長談話全文はこちら