議員団活動

新着一覧

三菱自工前で「リストラにお困りの方、ご相談を」と宣伝

2008/12/18 更新
この記事は 2 分で読めます。

081218monzen.JPG

 日本共産党府議団は、大企業の”派遣切り”やリストラが深刻になる中で、京都府や企業への申し入れとともに、緊急に府議会報告ビラを作成。「大企業の大リストラにお困りの方、ご相談下さい」、「厚生労働省が”非正規切り防止”通達を発表」、「身勝手な解雇は法律違反です」と呼びかけています。京都市議団や日本共産党労働者後援会と協力して、職場門前での宣伝活動も行なっています。
 写真は、12月18日早朝、京都市右京区の三菱自動車工業パワートレイン製作所・京都工場門前で労働者に呼びかける府議団。

教育請願署名が府議会に43744筆

2008/12/05 更新
この記事は 2 分で読めます。

081205kyoiku.JPG
「子どもと教育・文化を守る京都府民会議」の方々は12月5日、43744筆の署名を添えて京都府議会に教育請願を提出されました。写真は、府民会議の方々から請願署名を受けとる府議団。
 日本共産党府議団は、これらの請願採択と、30人以下学級の早期実現・教育費の国庫負担復元を求める意見書提出などで奮闘しました。「障害のある子どもたちの教育や生活の充実を求める意見書」は全会一致可決となりました。請願審査結果、意見書採決結果の詳細は、12月17日の閉会本会議トピックをご覧下さい。

丹後各界連絡会の方々が京都府に要請行動

2008/12/04 更新
この記事は 2 分で読めます。

081204tango.JPG
 「仕事とくらし・農業と地場産業を守る丹後各界連絡会」の方々は、12月4日早朝からバスで、京都府庁に要請行動を行なわれました。「生きるか死ぬかの瀬戸際だ」という丹後の厳しい実情を訴えて、雇用対策や仕事おこし、農業、教育など切実な要求の実現を山田知事あてに訴えました。要請には、日本共産党の吉田さゆみ府くらし・福祉対策責任者と京丹後市議団、府議団11名全員が同席しました。
 写真は、府への要請の後、府職労会議室で行なわれた激励・連帯集会に参加する京丹後、府職労の方々と府議団。京丹後の方々はこのあと、本会議での西脇いく子議員の代表質問を傍聴されました。

被爆者懇談会と懇談

2008/11/25 更新
この記事は 2 分で読めます。

081125hibakushakondan.JPG
 日本共産党府議団は11月25日、京都原水爆被災者懇談会(被爆者懇談会)の方々と懇談を行ない、原爆症認定問題、被爆者とその子どもへの支援の問題などで、被爆者やご遺族の思いを聞かせて頂きました。
 この内容は、12月府議会一般質問で、山内よし子議員がとりあげました。

11・19府市民総行動に参加

2008/11/19 更新
この記事は 2 分で読めます。

081119sokodo.JPG 11月19日、秋の府市民総行動が行なわれました。これは、10日の京都市に対する行動に続き、京都府庁東門での早朝宣伝、昼休み集会、デモの後、京都府に対する要請行動が行なわれたものです。格差と貧困の広がり、原油・食料品・原材料の高騰でいっそう深刻となっている生活と営業の危機突破をめざし、府民が力を合わせて切実な諸要求の実現、その2009年度予算への反映をめざし、くり広げられました。写真は、総行動参加者のみなさんとともに、府庁包囲デモに参加する日本共産党府議団。

来年度京都府予算と、国庫補助金不適正運用問題・「いわゆる裏金」問題で申し入れ

2008/11/07 更新
この記事は 2 分で読めます。

081107mosire.JPG 日本共産党京都府会議員団は7日、京都府知事に対して、2009年度京都府予算に関する申し入れを行ないました。申し入れは、新井進団長、梅木紀秀副団長、前窪義由紀副団長、光永敦彦幹事長、山内佳子議員が行ない、府からは、麻生純副知事が対応しました。
 また同時に、問題になっている国庫補助金不適正運用問題と「いわゆる裏金」についての申し入れも行ないました。 
 二つの申し入れの詳細は、トピックの該当の項目をご覧ください。

自治体要求連絡会が府庁前早朝宣伝

2008/09/29 更新
この記事は 2 分で読めます。

RIMG0367.JPG 日本共産党府議団も参加する自治体要求連絡会は9月29日、府庁東門前で通勤してくる府職員の方々に早朝宣伝を行ないました。民医労、府職労、京教組の方々に続き、府議団からこの日代表質問に立つ新井進団長が訴えました。写真は東門前であいさつする府議団。

「民主府政の会」が第1回全体会議

2008/09/18 更新
この記事は 2 分で読めます。

080918zentaikai.JPG 2010年府知事選挙に向け府政転換をめざす「民主府政の会」が18日、第1回全体会議を開催し、各界から150名が参加しました。福田首相の政権投げ出し、汚染米問題、リーマンブラザーズの破たんなど諸事件が続発する中で、「当面する解散・総選挙で国民本位の政治への転換をめざし、その力で知事選勝利を」とこもごも語られ、日本共産党・井上参院議員が緊急の国会報告も行ないました。写真は、「府民の運動が府政を動かしている」と特別報告する光永敦彦府議団幹事長。

「生活危機突破をめざす報告・懇談会」に80名

2008/09/12 更新
この記事は 2 分で読めます。

080912kondankai.JPG
 12日夜、ハートピア京都で日本共産党京都府議団・京都市議団の主催、自治体要求連絡会の共催で「生活危機突破をめざす報告・懇談会」が開催され、80名の方々が参加されました。佐野春枝新市議のあいさつの後、こくた衆院議員が緊迫した国会の動きを報告、府議団・市議団からこの間の原油高騰問題などでの取り組みを報告し、活発な意見交換・懇談を行ないました。写真は報告する光永府議団幹事長。

「争点を明らかにし信を問え」と緊急街宣

2008/09/08 更新
この記事は 2 分で読めます。

080902gaisen.JPG

 自公政治の行き詰まりを端的に示した福田首相の政権投げ出し。日本共産党は各地で、「国会で徹底議論をした上で、解散・総選挙で国民の審判を仰げ」、「政治の中身を変えよう」と打って出ています。7日投票の京都市南区市議補選では、定数1のたたかいで日本共産党の佐野春枝さんが、自民候補を破って勝利しました。写真は2日、こくた衆院議員らと街頭で訴える松尾孝府議。