議員団活動

新着一覧

自治体要求連絡会が府庁前早朝宣伝

2008/09/29 更新
この記事は 2 分で読めます。

RIMG0367.JPG 日本共産党府議団も参加する自治体要求連絡会は9月29日、府庁東門前で通勤してくる府職員の方々に早朝宣伝を行ないました。民医労、府職労、京教組の方々に続き、府議団からこの日代表質問に立つ新井進団長が訴えました。写真は東門前であいさつする府議団。

「民主府政の会」が第1回全体会議

2008/09/18 更新
この記事は 2 分で読めます。

080918zentaikai.JPG 2010年府知事選挙に向け府政転換をめざす「民主府政の会」が18日、第1回全体会議を開催し、各界から150名が参加しました。福田首相の政権投げ出し、汚染米問題、リーマンブラザーズの破たんなど諸事件が続発する中で、「当面する解散・総選挙で国民本位の政治への転換をめざし、その力で知事選勝利を」とこもごも語られ、日本共産党・井上参院議員が緊急の国会報告も行ないました。写真は、「府民の運動が府政を動かしている」と特別報告する光永敦彦府議団幹事長。

「生活危機突破をめざす報告・懇談会」に80名

2008/09/12 更新
この記事は 2 分で読めます。

080912kondankai.JPG
 12日夜、ハートピア京都で日本共産党京都府議団・京都市議団の主催、自治体要求連絡会の共催で「生活危機突破をめざす報告・懇談会」が開催され、80名の方々が参加されました。佐野春枝新市議のあいさつの後、こくた衆院議員が緊迫した国会の動きを報告、府議団・市議団からこの間の原油高騰問題などでの取り組みを報告し、活発な意見交換・懇談を行ないました。写真は報告する光永府議団幹事長。

「争点を明らかにし信を問え」と緊急街宣

2008/09/08 更新
この記事は 2 分で読めます。

080902gaisen.JPG

 自公政治の行き詰まりを端的に示した福田首相の政権投げ出し。日本共産党は各地で、「国会で徹底議論をした上で、解散・総選挙で国民の審判を仰げ」、「政治の中身を変えよう」と打って出ています。7日投票の京都市南区市議補選では、定数1のたたかいで日本共産党の佐野春枝さんが、自民候補を破って勝利しました。写真は2日、こくた衆院議員らと街頭で訴える松尾孝府議。

後期高齢者医療制度廃止トーク集会に参加

2008/08/28 更新
この記事は 2 分で読めます。

080828mitunaga.JPG
 「参議院に続き、臨時国会で衆議院でも廃止法案を可決し、後期高齢者医療制度を廃止しよう」と世論と運動が広がっています。写真は8月28日、京都府保険医協会が主催された「後期高齢者医療制度廃止をめざしてがんばる議員を支援するトーク集会」でスピーチする日本共産党の光永敦彦府会議員。

原油・物資高騰で府南部も調査

2008/07/29 更新
この記事は 1 分で読めます。

080723wd.JPG
 日本共産党府議団は、一連の原油・穀物・生活物資急騰問題の調査で、府南部も訪問。写真は7月23日、和束町を訪問して、岡本和束町議とともに、副町長から茶農家の実情などを聞く、光永・原田府議。

各地で原油・物資高騰問題を調査

2008/07/20 更新
この記事は 2 分で読めます。

080719TI.JPG
 日本共産党府議団は、7月15日の府議会終了後、いっせいに府内各地に出かけ、漁業や織物関係者、農業・畜産家、機械金属業など多くの方々から、原油や飼料・材料など物資高騰問題の影響を調査しています。「漁に出れば出るほど赤字」など、どこでも深刻な実態が語られ、政府や自治体の緊急支援の必要性が浮き彫りになっています。写真は、こくた衆院議員、吉田5区代表、後野舞鶴市議とともに、舞鶴の水産会社を訪問し、実情を聞く原田完、上原裕見子の両府議。

7月8日、本会議を傍聴に見えた聴覚・視覚障害の方と

2008/07/11 更新
この記事は 2 分で読めます。

080708MR.JPG
 7月8日の本会議一般質問で、日本共産党の前窪義由紀議員は、目が見えない、耳が聞こえない重複障害を持った方々への支援について質問しました(トピック参照)。これには、障害者団体「ほほえみの会」のみなさんが傍聴に見えました。写真は、本会議の前に議員団室に来られたみなさんと、前窪議員、梅木議員。

26日、緊急国会報告/原油高騰問題l懇談会を開催

2008/06/27 更新
この記事は 2 分で読めます。

DSCF0198.JPG
 26日、日本共産党京都府委員会、京都府会議員団、京都市会議員団は共催で、「緊急国会報告/原油高騰問題懇談会」を開催しました。これには60名の方々が参加、府会議員団からは8名が出席しました。
 こくた恵二衆院議員が閉会した第169国会の特徴と党議員団が果たした役割を報告し、続いて市会・府会議員団から深刻となっている原油高騰問題の取り組みを報告しました。府議団は原田完府議(議員団原油高騰問題対策本部長)が、府民の運動と議員団の論戦の中、この4月から実施されている「原油価格高騰対策等特別支援制度」(府市協調融資)、6月議会に提案されている「障害者送迎サービス原油高緊急対策」、議員団が今月緊急に行った府内各地の調査などを報告しました。
 参加者からは、「なぜ原油が高騰するのか」の質問や、深刻な実態が出され、今後の取り組み強化を確認しあいました。

後期高齢者医療制度廃止の宣伝・署名行動

2008/06/13 更新
この記事は 2 分で読めます。

08061300.JPG
 高齢者差別医療、後期高齢者医療制度廃止の声は、参議院での廃止法案可決など、津々浦々に広がっています。この保険料の二度目の年金天引き日となる6月13日、日本共産党京都府会議員団は11名全員そろって、夕方四条河原町で制度の廃止を求める宣伝・署名行動を行ないました。成宮まり子京都国政委員長、吉田幸一四区代表も駆けつけました。老若男女の多くの方が、署名に応じてくれました。