議員団活動

カテゴリー:議会報告

「2015年年度5月臨時議会を終えて」談話を発表

2015/05/22 更新
この記事は 6 分で読めます。

 5月18日から始まった5月臨時会が、5月22日に閉会しました。それをうけて日本共産党京都府会議員団は、以下の談話を発表しました。

2015年5月臨時議会を終えて

2015年5月22日

日本共産党京都府会議員団

団長 前窪義由紀

 

5月18日に開会した5月臨時議会が本日、22日閉会した。

 

 今議会は、先に行われた京都府議会議員選挙を踏まえ、議長・副議長や議会選出の監査委員の選任、および各常任委員会ならびに特別委員会の委員構成の確定と正・副委員長の選出等を行うとともに、専決した2議案が提案され、そのうち第2号議案「京都府府税条例の一部改正の専決処分について承認を求める件」に反対した。

 

1、第2号議案「京都府府税条例の一部改正の専決処分について承認を求める件」は、法人企業の外形標準課税の拡大や、すでに一般化した「エコカー」に対する自動車取得税・自動車税のグリーン税制等を含んでおり、また、資産流動化法にもとづく、事実上大企業や大手事業所を対象とした特定目的会社が取得する不動産取得税への特例税率等の延長であり、反対した。

 

2、我が党議員団は、各議員団に対し、議会開会日に、議長・副議長の選出にあたっては、憲政の常道に立って、議席数に応じた選出を行うという、民意が正しく反映されるルールにもとづく選出を行うとともに、永年にわたり自民・公明・民主等によって、常任委員会、特別委員会の委員長・副委員長から、日本共産党を排除するという異常な事態を改めるよう、議会の民主的な構成を求める申し入れを行った。

 とりわけ、今回は、日本共産党が改選時11議席から14議席へと躍進するとともに、その結果、議席数で民主党を追い抜き、自民党につぐ第二党の位置を占めることとなったため、それを踏まえた対応をすることは当然と厳しく求めた。

 ところが自民・公明・民主等は、旧態依然とした「オール与党」の枠組みに固執した議長・副議長の選出を行い、また議会選出の監査委員も自民会派が独占した。さらに常任委員会・特別委員会の委員長・副委員長も、すべて自民・公明・民主会派が占めることとなった。

 これは、選挙で示された民意や、議会の公正で民主的な運営を踏みにじる暴挙であり、我が党議員団は厳しく抗議するものである。

 さらに、もともと常任委員会については、従来どおりの6つの委員会であれば、躍進した我が党議員数により、2つの常任委員会で副委員長を獲得することが可能であった。ところが、議席数では我が党議員を役員から排除できないため、今度は常任委員会構成を現行6つから5つに削減し、それにより投票で我が党議員を副委員長に選出することができないようにする暴挙を強行したことは、異常な党利党略そのものである。しかも、新たな部局として「文化スポーツ部」「環境部」が設置されたことや、行政課題や府民要求が多様化、山積し、審議の充実が求められているにもかかわらず、それらを審議する常任委員会を減らすことは、二元代表制の一翼を担うべき議会の役割を弱めるものである。

 

3、一方、選挙で躍進し議席が増加したことにより、議会運営委員が3名から4名となり、また都市計画審議会委員も1名から2名へと増えた。さらに関西広域連合議会議員は、これまで与党調整で投票により我が党を排除してきたが、今回は投票により我が党議員が議席を得ることとなった。これは、「オール与党」の古い枠組みをもってしても、民意とそれにもとづく議席増の前に、我が党を排除しきれない事態を生んだもので、この古い枠組みに風穴をあける重要な前進である。同じく初選出された京都市会の我が党関西広域連合議員とも連携・協力し、その条件をいかんなく発揮して、「地方創生」や道州制等への動きに対し、厳しい論戦を行うものである。

 

 我が党議員団は、いっせい地方選挙で躍進した力を土台に、当面の「戦争法案」成立阻止、安倍政権の暴走ストップ、暮らしを守る自治体づくりと切実な府民要求実現にむけ、全力をあげるものである。

5月臨時議会で選出された役員

京都地方税機構議会議員     光永敦彦

関西広域連合委員会議員     加味根史朗

議会運営委員会委員       光永敦彦、島田敬子、浜田良之、成宮真理子

議会運営委員会理事       光永敦彦

予算特別委員会幹事       加味根史朗

政策調整会議委員        浜田良之

広報広聴会議委員        成宮真理子

京都府都市計画審議会委員    馬場紘平、原田 完

京都府営水道事業経営審議会委員 前窪義由紀

 

常任委員会

総務・警察       原田完、西脇郁子、光永敦彦

府民生活・厚生     島田敬子、山内佳子、森下由美

文化・教育       浜田良之、本庄孝夫、成宮真理子

環境・建設交通     迫祐仁、前窪義由紀

農商工労働       馬場紘平、上原裕見子、加味根史朗

 

特別委員会

地域創生戦略に関する  光永敦彦、島田敬子、浜田良之

防災・危機管理対策   山内佳子、迫 祐仁、前窪義由紀

関西広域連合に関する  加味根史朗、馬場紘平、森下由美

暮らしの安心・安全対策 西脇郁子、上原裕見子、本庄孝夫

スポーツ振興      成宮真理子、原田 完

日本共産党京都府会議員団の新役員

団長   前窪義由紀(再)

副団長  加味根史朗(再)

副団長  島田敬子(新)

幹事長  光永敦彦(再)

事務局長 桝井義行(再)

2015年5月臨時議会を終えて.pdf

2月議会本会議 原田完議員、加味根史朗議員、成宮真理子議員が一般質問

2015/03/01 更新
この記事は 9 分で読めます。

2月議会本会議で、原田完議員、加味根史朗議員、成宮真理子議員が一般質問を行いました。質問と答弁の大要をご紹介します。

IMG_8069.JPG2月19日 原田完議員の主な質問テーマは

①日本経済と京都経済にかかる問題について

②関西電力の電気代問題について

③商店街の振興施策について

④友禅や西陣など伝統地場産業について

⑤文化財修復について

⑥西高瀬川の親水公園事業問題について

 原田議員一般質問 質問と答弁 大要.pdf

IMG_8265.JPG20日、加味根史朗議員の主な質問テーマは

①地域再生について

②労働法制の更なる規制緩和について

③介護報酬の引き下げについて

④地元京北町の振興について

かみね議員一般質問と答弁 大要.pdf

 

IMG_8401.JPG21日、 成宮真理子議員の主な質問テーマは

①「子どもの貧困」をなくす対策について

・中学校卒業まで医療費無料化を

・中学校給食の完全実施を

・奨学金、高校授業料無償化の拡充を

 

②都市農業の振興について

・TPP参加、「農政改革」に反対を

・農地の転用、減少を食い止める手立てを

・京都市域での鳥獣被害へ緊急対策を

成宮議員一般質問質疑答弁 大要.pdf

「維新の党」豊田府議が共産党府議団に謝罪 「テロ政党」発言で

2015/02/25 更新
この記事は 4 分で読めます。

   府議会で、「維新の党」の豊田貴志府議が「テロ政党とも評される共産党」と発言した問題で、豊田府議が25日、日本共産党京都府会議員団を訪れ、発言の撤回と謝罪をしました。党府議団が謝罪と撤回を繰り返し求め、府民からも批判の声が広がるなかで謝罪に追い込まれたものです。

  豊田府議は19日の一般質問で、4月のいっせい地方選に向けて「『テロ政党』とも評される共産党をストップさせるべく、戦いを挑ませていただきます」と述べました。

  20日の本会議では、議長が豊田氏に厳重注意し、会議録の整理を通告しましたが、豊田氏は謝罪も撤回もしませんでした。党府議団は23日に、豊田府議と面会し、あらためて同氏と維新の党京都府総支部に発言の撤回と謝罪を求めていました。

  豊田府議は「(家の横に)オウム真理教が来るとか、まあ、共産党員が引っ越してくる、これでももう嫌ですよ」(9日、建設交通常任委員会)と述べたことについても謝罪しました。

「2014年年度12月議会を終えて」談話を発表

2014/12/26 更新
この記事は 2 分で読めます。

 12月1日から始まった12月定例会が、12月24日に閉会しました。

 12月議会の特徴、日本共産党京都府会議員団として論戦や立場などをまとめています。ぜひご覧ください。

2014年12月定例会を終えて.pdf

「2014年年度9月議会を終えて」談話を発表

2014/11/14 更新
この記事は 2 分で読めます。

 9月11日から始まった9月定例会が、11月5日に閉会しました。

 9月議会の特徴、日本共産党京都府会議員団として論戦や立場などをまとめています。ぜひご覧ください。

2014年度9月定例議会を終えて.pdf

 

本日5日、京都府議会 9月定例会が閉会 みつなが幹事長が議案討論

2014/11/05 更新
この記事は 3 分で読めます。

 9月11日から始まった9月定例会が本日閉会しました。

 日本共産党京都府会議員団は、2013年度決算認定の採決での議案5件のうち、第11号議案「平成25年度京都府一般会計及び特別会計歳入歳出決算を認定に付する件」、第13号議案「平成25年度京都府水道事業会計決算を認定に付する件」に反対し、その他3件に賛成しました。

 閉会本会議では、みつなが敦彦幹事長が、議員団を代表して以下のように議案討論を行いました。

2013年度は、景気が落ち込み、国民生活が厳しくなる中で消費税増税が強行され、「アベノミクス」と称する経済政策の破綻が明瞭となり、さらに特定秘密保護法の強行採決など、安倍政権の暴走が国民的に明らかになりました。一方、原発再稼働の動きや特定秘密保護法に対する空前の国会包囲行動が広がり、また参院選での日本共産党の躍進など、国民多数の声と自民党政治との「ねじれ」がいっそう深刻に広がった年でもありました。

 また、台風18号による災害が府北部地域をはじめ、府域全体に重大な影響を与え、その復旧・復興と災害対策に対し自治体の役割も大きく問われた一年となりました。

 こうした中、執行された決算は、重大な問題を含んでいます。

 ▽「アベノミクス」追随の予算執行の結果、景気回復につながらず、また台風災害の発生により、府民に大きなひずみと矛盾がはっきりしました。▽深刻となる京都経済の再生と持続的発展のため、中小企業支援と育成、正規雇用を広げるための抜本策がありません。▽医療や社会保障、教育、子育てなど、自治体の役割を縮小し、府民の願いに応えず、国の政策追随の姿勢が明瞭となりました。▽外部委託の事業を増やし続け、自治体のあり方をゆがめ、「地域再生」の名目で府民に自立を迫り、また「地方分権」を旗印に推進してきた関西広域連合の行き詰まりが明瞭となりました。▽京都への米軍基地の建設や原発再稼働、消費税増税をはじめ、安倍政権の暴走と行きづまりに対する府民的な怒りと運動が広がっているにも関わらず、安倍政権と一体で府民不在の姿勢をとり続けています。

↓詳しくは、討論全文をご覧ください。

9月定例会 光永一閉会本会議 議案討論.pdf

米軍レーダー基地問題で、防衛省が会議録文書を非公開に

2014/10/15 更新
この記事は 2 分で読めます。

 京丹後市経ヶ岬への米軍レーダー基地建設の問題で、府や防衛省が開催していた会議の記録文書について、防衛省の判断で非公開にされたことが分かりました。日本共産党の島田敬子府議(右京区)の質問で明らかになりました。

 同公文書は、防衛省、府、京丹後市、京丹後署の4者が非公開で昨年11月~今年9月までに16回開かれた同レーダーの「配備に係る打ち合わせ会議」。「京都新聞」(5日付)で報道されたもので、会議録の多くを×印で伏せているとしています。

 島田議員が7日、決算特別委員会の総務部書面審査でこの問題を取り上げ、事実関係について確認した上で、「住民生活に関わるものは非公開にする必要がないのではないか。非公開の判断は誰がしたのか」と質問。府の理事者は「防衛省の法から、『これは出すべきでない』という判断をいただいた上で非公開の判断をした」と答弁しました。

 島田議員は「これまでも肝心かなめの問題は『防衛機密』とされてきた。府民の安心安全を守る要望に対しても答えていない。防衛省は日本国民との信頼関係よりも、米国との信頼関係を大事にするのか」と批判。ドクターヘリ運用によるレーダー停波問題や、テロや攻撃の標的となる危険性を指摘し、米軍基地建設反対を訴えました。

 島田議員による質疑全文(大要)はこちら↓

決算特別委員会-米軍レーダー基地(島田議員).pdf

9月議会 緊急府議会報告会を開催しました

2014/10/06 更新
この記事は 3 分で読めます。

 日本共産党京都府会議員団(前窪義由紀団長、11人)は2日、京都市中京区で報告会を開き、70人が参加しました。京都府議会9月定例会での議員定数問題の暴挙や、米軍レーダー基地工事中止を求める請願が否決されたことなどについて報告しました。

20141002緊急議会報告会 9月議会.jpg

 前窪団長があいさつし、光永敦彦幹事長、加味根史朗副団長が報告しました。定数削減(左京区)の暴挙については、加味根副団長が報告しました。(以下、報告の概要を紹介します)

 これまで議会改革検討小委員会において、自民党が京都市内の定数を10減らす案を提案し、日本共産党が「一票の格差」を2倍以上とする暴論だと批判しました。民主・公明もこれに同調し、小委員会では「一つの結論に取りまとめるのは困難」としました。

 しかし、自民党はこれを全く無視し、本会議直前の非公開の場で突如、宇治市・久世郡(定数4)を1増、左京区(定数4)を1減とする「1増1減」を提案し、公明党と強行採決しました。これはまさに議会制民主主義を破壊する暴挙であり、自民党が府議会で単独過半数を獲得するための党利党略でしかありません。

 本来なら、「一票の格差」がより大きい木津川市・相楽郡(1.74倍)が優先的に検討されるべきです。さらに左京区の「一票の格差」は、1.28倍から1.71倍に逆に拡大されることになります。

 今年4月の宇治市・久世郡の府議補欠選挙で自民党は2議席となりました。この選挙区での定数1増は、自民党の2人を当選させる条件づくりではないかとの批判が出るのは当然です。左京区についても、現有2議席の民主、2議席目を目指す共産の議席を増やさないためと言われても仕方ありません。まさに、京都市内の定数を減らすことで、自民党だけで過半数獲得を目指す地ならしの一歩です。

 共産党は論戦をリードし、自民党の10削減案は葬り去ることができました。しかし公明党は最後に脱落しました。南区と右京区の自らの議席を守りたかったわけです。

 加味根副団長は最後に、「来春のいっせい地方選挙、日本共産党の前進でこの暴挙に審判を下しましょう」と呼びかけました。

 報告会では、参加してくださった府民の方からも、この自民党の暴挙に対して怒りと疑問の声が出されました。

9月府議会 緊急議会報告会開催のお知らせ

2014/10/01 更新
この記事は 3 分で読めます。

 京都府議会9月定例会が9月11日から開催されています。

今議会では、自民、公明が党利党略の定数条例を強行し、議会史上最高件数の「米軍基地建設の中止と撤回を求める請願」、「消費税増税の中止を求める請願」を、自民・民主・公明が否決しました。

こうした暴挙、これまでの経過や議会での議論の様子などを、府民の皆さんにお知らせし、今後さらに運動をひろげるため、緊急の議会報告会を短時間で行います。

ぜひご参加ください。9月議会 緊急府議会報告会(10月2日).jpg

9月議会 緊急府議会報告会

日時:10月2日(木) 午後6時30分~

場所:ハートピア第5会議室(京都府立総合社会福祉会館 烏丸丸太町下る東側)

 緊急報告会案内のビラ(PDF)はこちら。

  ↓

9月議会 緊急府議会報告会開催のお知らせ ビラ.pdf

自民、公明が党利党略による定数条例強行 党が抗議声明

2014/10/01 更新
この記事は 5 分で読めます。

 9月30日の府議会最終本会議で自民党が突如提案した「1増1減」案が公明党の賛成で強行可決されました。日本共産党京都府会議員団は「議会の民主的運営を踏みにじり、府民不在の党利党略の暴挙。満身の怒りを込めて抗議する」と厳しく批判し反対しました。

自民、公明の暴挙に党議員団は、抗議声明を発表しました。

声明全文はこちら。

 ↓

声明 自公の定数条例強行に激しく抗議する.pdf

 

光永幹事長が反対討論

 本会議では光永敦彦幹事長が、自民党の定数条例案への反対討論を行いました。

 光永 定数問題議案反対討論.pdf

◇    ◇    ◇

 

本会議直後、同府議団と党左京地区委員会は、左京区百万遍で抗議の宣伝を行いました。前窪義由紀団長は「来年のいっせい地方選挙で、自公の暴挙に府民の審判を下し、決着をつける。わが党は全力をつくす」と訴えました。20140930定数抗議宣伝.jpg