議員団活動

カテゴリー:議会報告

本日4日、京都府議会9月定例会が閉会 島田議員が議案討論

2015/11/04 更新
この記事は 3 分で読めます。

 9月16日から始まった9月定例会が、11月4日に閉会しました。

 日本共産党京都府会議員団は、2014年度決算認定の採決での議案5件のうち、第8号議案「平成26年度一般会計及び特別会計歳入歳出決算を認定に付する件」、第10号議案「京都府水道事業会計決算を認定に付する件」に反対し、その他3件に賛成

201511049月定例会閉会本会議議案討論.jpg

 閉会本会議では、共産党議員団の島田けい子副団長が議案に対する討論を行いました。全文はこちらをご覧ください。

9月定例会ー島田議員 議案討論(全文).pdf

決算特別委員会 本庄議員、光永議員が知事総括質疑

2015/10/30 更新
この記事は 5 分で読めます。

 10月29日、9月定例会決算特別委員会の知事総括質疑が行われ、日本共産党府会議員団から本庄たかお議員とみつなが敦彦議員が質問に立ちました。質疑は、知事との一問一答形式で行われました。

20151029知事総括質疑-本庄.jpg

 本庄議員は、以下の問題について質問しました。

 1.米軍レーダー基地と騒音、交通事故、住宅建設などについて

 2.「生徒急減」を理由とした「府立高校減らし」について

 3.鴨沂高校夜間定時制の募集停止について

↓本庄議員の質問と答弁の大要は、以下をご覧ください。

9月議会 本庄議員 知事総括質疑と答弁大要.pdf

20151029知事総括質疑-光永.jpg

 みつなが議員は、以下の問題について質問しました。

 1.高浜原発3、4号機の再稼働について

 2.亀岡のスタジアム建設計画について

 3.自治体の委託業務のあり方について

 ↓みつなが議員の質問と答弁の大要は、以下をご覧ください。

9月議会 みつなが議員 知事総括質疑と答弁大要.pdf

9月定例会 決算特別委員会 知事総括質疑のお知らせ

2015/10/26 更新
この記事は 3 分で読めます。

 10月8日午後1時~5時まで、現在開催されている京都府議会9月定例会の決算特別委員会・知事総括質疑が行われます。

  日本共産党からは、みつなが敦彦議員、本庄たかお議員が、府政の重要課題について知事に直接質問します。

 KBS京都テレビで生中継されます。

 (府議会ホームページでもライブ中継されます。)

 共産党議員の質問は、午後2時半頃からの予定です。ぜひご視聴ください。

scan-15.jpg

9月定例会 馬場議員が意見書案・決議案討論、前窪議員が議案討論

2015/10/07 更新
この記事は 7 分で読めます。

  本日7日、京都府議会9月定例会の本会議が開催され、提案されている意見書案・決議案、補正予算案等の議決が行われました。

 今定例会には、14件の意見書案と1件の決議案が提案されました。

 共産党議員団からは、「憲法違反の戦争法(安保法制)の廃止を求める意見書案」「経ヶ岬米軍レーダー基地を撤去することを求める意見書案」「マイナンバー制度の実施中止を求める意見書案」「関西電力高浜原子力発電所3、4号機の再稼働に反対する意見書案」「児童相談所等の体制整備・虐待対策の拡充を求める意見書案」「労働者派遣法の抜本改正を求める意見書案」「米価下落対策を求める意見書案」の7件の意見書案と、「米価下落対策を求める決議案」の1件の決議案を提案しましたが、他の会派が反対したため、否決されました。

201510079月定例会-馬場意見書案・決議案討論.JPG 共産党議員団の馬場こうへい議員が意見書案・決議案に対する討論を行いました。全文はこちらをご覧ください。

 9月手例会-ばば議員 意見書案・決議案討論(全文).pdf

 また、今定例会には、14件の議案が提案され、7日は9件の議案の議決が行われました。

 共産党議員団は、第7号「関西広域連合規約変更に関する協議の件」の1件に反対し、他の8件に賛成しました。

201510079月定例会-前窪議案討論.JPG 共産党議員団のまえくぼ義由紀団長が議案に対する討論を行いました。全文はこちらをご覧下さい。

9月定例会-まえくぼ議員 議案討論(全文).pdf

9月定例会 浜田議員、西脇議員、森下議員が一般質問

2015/10/07 更新
この記事は 7 分で読めます。

 9月28、29、30日、京都府議会9月定例会の一般質問が行われ、日本共産党京都府会議員団から浜田良之議員、西脇郁子議員、森下由美議員が質問に立ちました。

201509089月定例会-浜田一般質問.JPG

 浜田議員は、北山文化環境ゾーン整備、子育て支援対策の充実、鴨沂高校夜間定時制の募集停止と府立高校のあり方検討会議などについて質問しました。

↓浜田議員の質疑の大要はこちらをご覧ください。

 2015年9月議会 浜田一般質問と答弁大要.pdf

201509299月定例会-西脇一般質問.JPG

 西脇議員は、京丹後市の米軍レーダー基地、児童虐待問題と児童相談所等の機能と体制の拡充などについて質問しました。

↓西脇議員の質疑の大要はこちらをご覧下さい。

2015年9月議会 西脇一般質問と答弁大要.pdf 

201509309月定例会-森下一般質問.JPG 森下議員は、食育推進・中学校給食への府の支援、介護保険報酬削減の影響、八幡市橋本地域における土砂崩れ対策などについて質問しました。

↓森下議員の質疑の大要はこちらをご覧下さい。

 2015年9月議会 森下一般質問と答弁大要.pdf

 

9月定例会 山内佳子・迫祐仁議員が代表質問

2015/09/27 更新
この記事は 5 分で読めます。

 9月24・25日、京都府議会9月定例会の代表質問が行われ、24日に山内佳子・迫祐仁議員が質問に立ち、戦争法と米軍レーダー基地、介護保険、亀岡サッカースタジアム、京都経済と伝統産業、地域創生、高浜原発再稼働などの問題について、知事を質しました。

DSC_4259.JPG 山内議員は、国会で戦争法が強行採決されたことについて、民主主義を破壊するものであるとして厳しく抗議するとともに、知事の認識を質しました。介護保険については、保険料の値上げで、高齢者の負担が限界を超えている実態を告発し、国の負担を増やすことを求めることや、府としても一般財源の投入することなど、高齢者の負担軽減を図ることを求めました。

↓山内議員の質疑の大要はこちらをご覧ください。

 9月定例会-山内議員代表質問と答弁(大要).pdf

DSC_4257.JPGのサムネイル画像 迫議員は、アベノミクスによって京都の中小零細企業や伝統産業が深刻な事態に直面している実態を示し、切れ目のない中小零細企業支援や思い切った内需拡大対策を求めました。また地域創生について、国や府が進めようとしている政策は、公共施設の集約化など広域で地域づくりを進めるもので、周辺地域の切り捨てが促進されると批判。独自に頑張っている基礎自治体をしっかり支援していくことが府に求められていることだと厳しく指摘しました。

↓迫議員の質疑の大要はこちらをご覧ください。

 9月定例会-迫議員代表質問と答弁(大要).pdf

京都府議会 9月定例会が始まります

2015/09/14 更新
この記事は 5 分で読めます。

 9月16日より、京都府議会の9月定例会が開催されます。24・25日に代表質問、28・29・30日に一般質問が行われます。ぜひ傍聴にお越し下さい。

 24日(木)の9月定例会代表質問では、山内よし子議員(南区)さこ祐仁議員(上京区)が府会議員団を代表して、戦争法案と米軍レーダー基地、介護保険、亀岡サッカースタジアム、地域創生、原発再稼働、京都経済と伝統産業等、府政の重要課題等について質問します。議会は午後1時から開会され、KBS京都テレビで放送されます(京都府議会HPでのインターネット中継でもご覧いただけます)。

9月定例代表質問-中継告知.jpg

 続いて28(月)・29(火)・30日(水)の一般質問には、西脇いく子議員(下京区)、森下よしみ議員(八幡市)、浜田よしゆき議員(北区)がそれぞれ質問に立ちます。午後1時15分から開会され、京都府議会HPでのインターネット中継でご覧いただけます。ぜひご覧ください。

9月定例一般質問-告知.jpg

「2015年度6月議会を終えて」談話を発表

2015/07/09 更新
この記事は 1 分で読めます。

 6月18日から始まった京都府議会6月定例会が、7月7日に閉会しました。

 6月議会の特徴、日本共産党京都府会議員団の論戦や立場などをまとめています。ぜひご覧ください。

2015年6月定例府議会を終えて.pdf

本日7日、京都府議会6月定例会が閉会 成宮議員が議案討論、浜田議員が意見書・決議案討論

2015/07/07 更新
この記事は 4 分で読めます。

 6月18日から始まった6月定例会が、7月7日に閉会しました。

 今議会には、18件の議案が提案され、うち4件に反対し、他の14件に賛成しました。

 1号議案の補正予算は、一般会計補正予算4億4300万円のうち、亀岡市でのサッカースタジアム整備費2億円をスタジアム実施設計費として計上。同時に、府民や議会にまともな説明もなしに、建設工事に充てるための債務負担行為154億円を提案したものです。このサッカースタジアムについては、この間の公共事業評価の係る第三者委員会で、アユモドキなどの環境保全や治水対策などについてさまざまな疑問や批判が出され、本体工事の是非の結論が異例の先送りとなったものです。環境団体や京都弁護士会、地元住民の反対や懸念の声も広がっています。にもかかわらず、実施経費と建設費を提案することは、「スタジアム建設ありき」で何が何でも突き進む京都府の強引な姿勢を示すものです。その上、設計・建設業務を"業者丸投げ"となり、工事の内容を発注者がチェックできないデザインビルド方式が採用するとしており、事業費がふくれ上がる危険性も指摘されています。専用球技場関連予算は撤回すべきであり、反対しました。

↓成宮議員の議案に対する討論全文はこちら

6月定例会-成宮議員 議案討論(全文).pdf

 また、今議会では、17件の意見書案、3件の決議案が提案されました。

 共産党議員団からは、「憲法違反の戦争法案の廃案を求める意見書」「米軍Xバンドレーダー基地の稼働停止・基地撤去を求める意見書」「関西電力高浜原発3、4号機の再稼働に反対する意見書」「労働者派遣法改悪案の廃案を求める意見書」「TPP交渉から即時撤退することを求める意見書」「子どもの医療費助成制度に関する意見書」「介護報酬の緊急再改定を求める意見書」「マイナンバー制度実施の中止を求める意見書」「森林環境の整備・保全についての抜本的な対策を求める意見書」の9件の意見書案と、「高校入試制度の抜本的見直しを求める決議」の1件の決議案を提案しましたが、他の会派が反対したため、否決されました。

 6月議会に寄せられていた「戦争法案廃案を求める」113件の請願、2192筆の署名の、総務・警察常任委員会での審議については、不採択との結果を認めることを、他会派によって採択されました。

↓浜田議員の意見書案・決議案に対する討論全文はこちら

6月定例会-浜田議員 意見書案・決議案討論(全文).pdf

「戦争法案廃案に」府民の願いを踏みにじり請願を否決

2015/07/02 更新
この記事は 1 分で読めます。

 7月2日、5つの議会常任委員会が開かれ、府民から寄せられた請願の審査が行われました。

 「戦争法案廃案を求める」113件の請願、2192筆の署名は、総務・警察常任委員会で審査が行われ、日本共産党の光永、原田、西脇の3議員が採択を求めました。しかし、自民党をはじめ9人の他会派議員は採択に反対、請願は不採択になりました。

 採択に反対した自民党議員は、「戦争法案」の是非を真正面から論議せず終始するという態度を取りました。

 党府議団は引き続き「廃案」を求める意見書を提出し、7日の本会議での採択に向けて全力をあげる決意です。