議員団活動

カテゴリー:議会報告

「2016年12月定例議会を終えて」を発表

2016/12/28 更新
この記事は 1 分で読めます。

 12月議会の全体像と論戦の特徴、議員団の活動をまとめた「2016年12月定例議会を終えて」談話を発表しました。お読みください。

2016年12月定例議会を終えて.pdf

12月議会一般質問 島田けい子議員 ばばこうへい議員 成宮まり子議員

2016/12/21 更新
この記事は 7 分で読めます。

 京都府議会12月定例会の一般質問が12月7、8、9日の3日間で行われ、日本共産党の島田けい子(7日)、ばばこうへい(8日)、成宮まり子(9日)各議員が質問に立ち、知事と関係理事者へ質問しました。

12月定例会島田一般質問.jpg

 島田議員は、周産期医療体制の充実、第一日赤総合母子周産期医療センターの医師確保の支援、医師確保を緊急課題として舞鶴医療センターへの支援に全力をあげるなど、母と子の命を守る医療体制の充実を知事に厳しく求めました。また、妊産婦の相談体制支援事業について、産後うつ対策の強化や産前・産後の母子ケアの充実などを求めました。

12月定例会 島田一般質問.pdf

 12月定例会ばば一般質問.jpg

 ばば議員は、若者のブラックな働き方根絶に向けた対策として、まず行政が学生や若者実態をつかむこと、そして、学生や若者など当事者も入れて府などの取り組みの議論・検証を行うこと、誰もが人間らしく、安心して働ける京都府を目指すための条例制定を提案し、府が「ブラックな働き方は許さない」情勢をつくる先頭に立つよう知事に迫りました。また、文化財保護・修復を支える技術伝承、継承者育成対策について、技術の適正評価と業者を育成する入札制度の整備、若手職人が技術を磨くことのできる仕事量などに取り組むよう求めました。エレベーター設置等の府営住宅政策についても質問しました。

12月定例会 ばば一般質問.pdf 

12月定例会成宮一般質問.jpg

 成宮議員は、京都スタジアム計画について、地元住民から出されている水害の不安の声をどう受け止めているのかを質すとともに、住民参加、環境保全の観点からも計画は中止するべきだと知事に厳しく迫りました。さらに、こうした新たな大規模開発は中止・見直しをし、アユモドキを育む地域づくりの推進を進めるよう求めました。また、子どもの貧困対策については、子どもの実態を丸ごと把握して対策の強化をすることが必要だとして、就学援助制度の周知徹底と拡充、中学校給食実施への支援の必要性を訴えました。

12月定例会 成宮一般質問.pdf

16日、京都府議会12月定例会が閉会 森下議員が意見書討論、かみね議員が議案討論

2016/12/16 更新
この記事は 3 分で読めます。

 12月1日から始まった12月定例会が、12月16日に閉会しました。最終日の16日には、提案されている議案や意見書等の議決が行われました。

 今定例会には、19件の意見書が提案されました。

 共産党府会議員団からは、「沖縄県米軍北部訓練場ヘリパッド建設に関する意見書」「陸上自衛隊福知山射撃場の米軍による共同利用の撤回を求める意見書」「カジノ解禁推進法の撤回を求める意見書」「医療・介護の国民負担増計画の中止を求める意見書」「年金制度の改悪中止を求める意見書」「TPP批准に反対する意見書」「コメの生産調整(減反政策)と戸別所得補償の廃止に反対する意見書」「労働基準法改悪に反対する意見書」「原発再稼働・老朽原発の運転延長中止、核燃料サイクルからの撤退を求める意見書」「少人数学級の実現と教員定数の拡充を求める意見書」「実効ある給付制奨学金の創設等を求める意見書」の11件の意見書を提案しましたが、他会派が反対したため、否決されました。

 共産党議員団の森下よしみ議員が意見書に対する討論を行いました。全文はこちらをご覧ください。

12月定例会 森下議員 意見書討論 (全文).pdf

 また、提案されている人事案件を含む23件の議案の議決が行われました。

 共産党議員団は、第1号「平成28年度京都府一般会計補正予算(第6号)」第3号「京都府府税条例及び京都府産業廃棄物税条例一部改正の件」第9号「天ヶ瀬ダムの建設(再開発)に関する基本計画の変更に関する意見について」第10号「京都地方税機構規約変更に関する協議の件」の4件に反対し、その他19件に賛成しました。

 共産党議員団のかみね史朗議員が議案に対する討論を行いました。全文はこちらをご覧ください。

12月定例会 かみね議員 議案討論 (全文).pdf

12月議会代表質問 光永議員質疑全文(大要)

2016/12/07 更新
この記事は 7 分で読めます。

15391083_1026419650820080_7625047918079916451_n[1] (2).jpg

光永議員が質問した主な項目です。ぜひ全文をお読みください。

 ○若者の雇用・働き方の問題。長時間過重労働の解消、ワーキングプアの解消。最低賃金の1500円への引き上げ。正規雇用の拡大、府職員の正職員化、同一労働同一賃金化の実現を。

若者を使い捨てる働かせ方をなくし誰もが人間らしく安心して働ける京都府を目指す条例の制定を

○中小業者の支援、建設労働者の賃金増加へ実効ある公契約条例の制定を。「中小企業地域振興基本条例」を制定し経済対策の転換を。

○亀岡市のスタジアム計画は白紙撤回を

南丹地域の持続的発展へ府職員配置の支援を

○農業の振興 水田を守るため、機械購入と修繕補助制度と所得補償制度の創設を

○南丹医療圏の医療と介護の連携、医師不足解消する取り組み強化を

○南丹地域の学校統廃合とまちづくりについて

○安保法制の具体化許すな、福知山駐屯地の米軍演習 第2の米軍基地に

○北陸新幹線の延伸に地域の未来は託せない

○TPPの国会承認強行を許すな

○老朽化した高浜原発延長決定を見直し廃炉を

○丹後通学圏の府立高校再編・統廃合計画は中止を―教育条件の充実を

2016年12月議会光永代表質問と答弁(大要).pdf

12月議会 光永府議が代表質問

2016/12/06 更新
この記事は 5 分で読めます。

12月議会代表質問.JPG

↑代表質問に立つ光永議員(KBSテレビから)

 京都府議会12月議会の代表質問が6日おこなわれ、光永敦彦府議が山田知事に対して、京都府政のありかたを質しました。

 光永府議は、若者、労働者を自殺にまで追い込む長時間加重労働の実態や、年収200万円以下のワーキングプア率が京都府は全国と比べても高いことなどを示し、知事に対して最低賃金時給1500円への引き上げ、府の職員から率先して正社員化、同一労働同一賃金にすることを求めました。また、街頭労働相談会の実施や、若者をはじめ誰もが人間らしく働ける京都府を目指す条例の制定を提案しました。

 国による地域切り捨て政策に対して、党府議団がこの間の府議会代表質問で、京都府下の北部や中丹など地域ごとの課題を取り上げてきたことをふまえ、光永府議は口丹・南丹地域の課題について質問。府民にまともな説明もなく知事がトップダウンで強行する京都スタジアム問題、地域の自立的発展の支援策、農業支援、医療、教育問題など地域の全面的な政策を提案し、知事に迫りました。

 中小企業支援、米軍による実弾射撃訓練、北陸新幹線延伸、TPP、原発再稼働、府立高校再編統合などの問題についても質問しました。

  質疑全文は後日掲載します。

12月府庁前朝宣伝.JPG↑自治体要求連絡会の早朝府庁東門宣伝

2016年9月定例議会を終えて

2016/11/08 更新
この記事は 2 分で読めます。

 9月12日から開かれていた京都府議会9月定例会が、10月31日に閉会しました。今議会での論戦の特徴や議員団の取り組みをまとめた「2016年度9月定例府議会を終えて」を発表しました。ぜひお読みください。

2016年9月定例府議会を終えて.pdf

京都に第二の米軍基地を許すな 府議会報告ビラ

2016/11/02 更新
この記事は 4 分で読めます。

米軍による自衛隊福知山駐屯地での射撃訓練計画が急浮上しています。日本共産党京都府会議員団は、この問題について議会報告ビラを作成しました。京丹後市・経ヶ岬の米軍レーダー基地(経ヶ岬通信所)で深刻化する問題についても取り上げています。ぜひご覧ください。

米軍基地-議会報告ビラ1.jpg米軍基地-議会報告ビラ2.jpg

9 月定例議会が閉会 浜田議員が議案討論

2016/10/31 更新
この記事は 7 分で読めます。

浜田顔写真.png 9月10日から開かれていた9月定例府議会は、2015年度決算特別委員会審査を終え、本日1031日に閉会しました。最終本会議では、浜田良之議員が議案討論にに立ちました。

 浜田議員は、議題となった議案9件について、第13号議案「平成27年度京都府一般会計及び特別会計歳入歳出決算を認定に付する件」及び、第15号議案「平成27年度京都府水道事業会計決算を認定に付する件」について反対し、他の議案に賛成する立場から討論を行います。

 なお、第22号議案「平成28年度京都府一般会計補正予算」については、財源となる国の補正予算は、安倍政権が自らの経済政策を何とか取り繕うために、大型の公共事業を中心に更なるバラマキに走ったと批判、しかし府の事業については必要なものがほとんどであり、意見を付け賛成しました。

9月議会議案討論 浜田議員.pdf

 

10月21日 京都府議会決算特別委員会知事総括質疑

2016/10/22 更新
この記事は 8 分で読めます。

  京都府議会決算特別委員会知事総括質疑で21日、日本共産党の加味根史朗、山内佳子両府議が質問を行い、米軍基地問題や雇用、介護、子育て支援などで、山田啓二知事の姿勢をただしました。 

加味根知事総括.JPG
 加味根議員は、福知山自衛隊駐屯地での京丹後市米軍レーダー基地の軍人・軍属による実弾訓練と共同使用について質問。沖縄では米軍の実弾訓練で、流れ弾による住民への重大な被害が多発していることを指摘。「いったん基地の共同使用が決まれば、日米地位協定によって、米軍の事件事故が発生しても対応できない」と批判し、府として米軍実弾訓練と共同使用には反対すべきと迫りました。

亀岡スタジアム計画については、建設予定地の変更から、府民に説明もなく新たな財政負担をしようとしていることを批判。アユモドキの保全、治水対策についても大問題を抱えている元で、「計画は白紙に戻し再検討を」と求めました。

知事は、米軍実弾訓練については「今話を聞いているところ」としか答えず府民の安全について国や米軍に申し入れる態度さえ示しませんでした。亀岡スタジアムについては、「まったく問題はない」「専門家会議が適切に判断している」と、まったく無責任な答弁に終始しました。

 山内 知事総括.jpg

  山内議員は、介護崩壊につながる軽度者外しの問題や介護職員の処遇改善と人材確保問題、子どもの貧困と医療費助成の問題、中学校給食の問題を知事にただしました。

京都北部の高校再編分校統廃合では、教育長と質疑。教育委員会が実施したアンケートで、保護者の56%が「しかたがない」と答えているのに、「保護者の75%が賛成」などとアンケート結果をゆがめて伝えていることを強く批判しました。

知事総括質疑大要 加味根議員・山内議員 .pdf

 

 

 

9 月議会一般質問 光永敦彦議員 迫祐仁議員 西脇郁子議員

2016/09/29 更新
この記事は 17 分で読めます。

 

  京都府議会9月定例会の一般質問が92021233日間行われ、日本共産党の光永敦彦(20)、迫祐仁(21)、西脇郁子(23)の各議員が質問に立ち、医療、地域振興、北陸新幹線延伸問題、子育て、自治体業務委託の問題などについて知事を追及しました。

 IMG_8226.JPG  光永議員は、府南部の山城南医療圏について質問。笠置町、南山城村では開業医が各1人、和束町は診療所1、開業医1人であり、地域医療を支える中核病院の山城総合医療センター(木津川市)の医師確保・充実を要求。また、笠置町、南山城村と三重県伊賀市での協定が審議されている「定住自立圏」について、中心市となる伊賀市でも救急医療体制に余裕がなく厳しい状況であると指摘し、拙速な同構想見直しを要請するよう迫りました。また農村地域振興策として農村を体験し交流する「教育民泊」への支援を要望しました。

9月定例会 光永一般質問.pdf

 

    IMG_8305.JPG 迫議員は、北陸新幹線延伸問題について質問。延伸に伴う、多額の地元自治体負担、JRの並行在来線の経営分離問題、自然環境破壌などの問題点を指摘し、「結論とルートありき」で強引にすすめる政府や知事の姿勢を批判。地元負担や在来線への影響などすべての情報を明らかにし、強引なルート決定をやめさせるよう迫りました。

9月議会 さこ議員一般質問.pdf

 

  IMG_8370.JPG   西脇議員は、府業務の民間委託問題について質問。府で2010年度に約328億円、6646件だった外部委託契約額が、14年度は約378億円、7348件へ増え、建設業の担い手確保やがん相談センター、重度障害者緊急生活支援事業などで委託事業を行い、外部監査で不適正だと指摘されていることを取り上げ、「介護や障害者、医療まで委託が広がり、本来の自治体業務の役割から見て問題だ」とし、正規職員を拡充して専門性を確保することなどを求めました。

また、児童虐待の実態を指摘し、相談員の体制充実、専門職員増員を要求しました。

9月定例会 西脇一般質問.pdf