議員団活動

カテゴリー:議会報告

9月29日 西脇いく子議員(下京区選出)、30日 迫祐仁議員(上京区選出)が一般質問

2011/10/04 更新
この記事は 2 分で読めます。

西脇.JPG
迫.JPG

西脇議員は定時制高校に通う生徒たちや学校の様子等を紹介し、府立高校の定時制・通信制教育のあり方を、じっくり府民的議論を重ねた上で教育条件等も含めて充実をするよう求めました。また、堀川警察署廃止後の地元住民不安に応えるために交番所の設置を求めました。
質問と答弁はこちらから

迫議員は、円高や東日本大震災の影響を受け深刻となっている西陣や和装伝統産業への府の支援を求めました。また、知事自身が縮原発でなく再生可能エネルギーを府の基幹エネルギーとする立つべきだとし、そのための提案をおこないましたが知事は答弁を避けました。  
質問と答弁はこちらから

原発問題の府議会報告を発行

2011/06/27 更新
この記事は 2 分で読めます。

1107fugikaihoukoku_genpatsu.jpg 日本共産党府議団はこのほど、原発問題を特集した府議会報告ビラを発行しました。これは、この間の関西電力への申し入れや若狭湾原発群調査などの取り組みを踏まえ、原発の危険な本質と、原発からの撤退を訴えたものです。
 このホームページからも見られますので、ぜひご覧ください。
原発問題の府議会報告ビラはこちら

みつなが議員が議案討論、5月臨時議会が閉会

2011/05/28 更新
この記事は 2 分で読めます。

110528光永議場写真.JPG 23日から27日までの予定で開かれていた5月臨時議会が、28日未明に閉会しました。この議会は、4月に行なわれた統一地方選挙後初めての議会で、正副議長の選出と議会選出の監査委員の選任、各常任委員会、特別委員会の委員構成と正副委員長選出等が行なわれました。また、東日本大震災と福島原発事故の深刻な影響と被害が広がる中、被災地・被災者支援等のための補正予算など6議案が提案されました。
 日本共産党府議団から、みつなが敦彦議員(京都市左京区選出)が議案討論に立ち、府税条例一部改正の専決処分の承認に反対し、他の議案に賛成する立場を明らかにしました。また、議会閉会後、前窪義由紀団長名で「2011年5月臨時議会を終えて」を発表しました。

東日本大震災の救援と復興・原発問題の府議会報告を発行

2011/04/26 更新
この記事は 2 分で読めます。

1104fugikaihoukoku.jpg
 日本共産党府会議員団はこのほど、「東日本大震災の救援と復興に全力・原発の不安から府民を守る」などの内容の府議会報告(2011年4月号)を発行しました。
 この「府議会報告」では、東日本大震災がおこって以降、深刻な事態が続く中で、府議団として京都府に行なった3回の申し入れを紹介しています。4月15日に行なった原子力発電所の安全対策での緊急申し入れ、3月25日に行なった大震災の影響に対し中小企業への支援強化を求める申し入れ、3月17日に行なった大震災対策のいっそうの強化と原発対策を求める申し入れの三つです。
 このホームページでも見られますので、ぜひご覧ください。
議員団の「府議会報告」の全文はこちら

原発問題での府議会報告を発行

2011/03/25 更新
この記事は 2 分で読めます。

genpatuP1.jpg 日々、甚大な被害が明らかになる東日本大震災。福島原発の深刻な事故の問題も含めて、誰もが心を痛めています。
 日本共産党府議団はこのほど、「原発の不安のない京都を」とする府議会報告を発行しました。これは、府議団が住民のみなさんとともに京都での原発建設計画をストップしてきたことや、本会議や委員会で30回以上にわたって、原発の危険性を指摘し安全対策を求めてきたことなどをまとめたものです。
 このホームページでも見られますので、ぜひご覧ください。
原発問題での府議会報告全文はこちら

鳥獣被害を減らす提案と、TPP参加問題の府議会報告を発行

2011/03/16 更新
この記事は 2 分で読めます。

1103TPP_choujuubira.jpg 日本共産党府議団はこのほど、「京都府の鳥獣被害を抜本的に減らすための提案」を発表しました。また、TPP参加と農業問題、鳥獣被害問題を扱った府議会報告ビラ(写真)を発行しました。
「鳥獣被害を抜本的に減らすための提案」全文はこちら
TPP問題と鳥獣被害問題の府議会報告ビラ全文はこちら

「府議会報告」(住宅ローン金利引き下げ第2弾)を発行

2011/03/03 更新
この記事は 2 分で読めます。

1103juutakuro-nbira.jpg 日本共産党府議団はこのほど、「府議会報告」ビラ(2011年3月号)を発行しました。府議団が2月に発行した「府議会報告」に記載している「住宅ローン金利下げられます」という記事は大きな反響を呼んでいます。
 このため今回、「住宅ローン金利引き下げ」問題の第2弾として発行したものです。
 このホームページから見られますので、ぜひご覧ください。
「住宅ローン金利引き下げ第2弾・府議会報告」全文はこちら

「府議会報告」ビラを発行

2011/02/25 更新
この記事は 2 分で読めます。

1102fugikaihoukoku.jpg 日本共産党府議団はこのほど、「府議会報告」ビラ(2011年2月号)を発行しました。これは、開会中の2月府議会での論戦の紹介を中心に、1面では私立高校授業料「実質無償化」の対象拡大や、すべての中小製造企業への機械リース代補助拡充など、府民の運動と日本共産党の議会論戦で、要求が前進していることを紹介。2面では住宅リフォーム助成制度の創設や雇用対策を求めるとともに、府議会での日本共産党と他の「オール与党」を対比し、「ホントに役立つ議員はどちらでしょうか?」と問いかけています。このホームページからも見られますので、ぜひご覧ください。
議員団の「府議会報告」ビラはこちら

「府議会報告」(2011年2月号)を発行

2011/02/01 更新
この記事は 2 分で読めます。

1102fugikaihoukoku1men.jpg 日本共産党府議団はこのほど、「府議会報告」2011年2月号を発行しました。この「府議会報告」は1ページ(写真面)で、昨年末に議員団が金融機関に申し入れしたことも示し、「住宅ローン金利下げられます」と、その方法を紹介しています。見開き面では、景気対策の「基金」、470億円を有効に活用し、「中小企業」「仕事・雇用」「農業」の各分野で日本共産党の提案を示しています。オール与党との対比も鮮明にしています。4ページでは、いのちを守る自治体の役割とともに、ムダづかいにメスを入れてきた議員団の活動を紹介しています。
 全文は、このホームページからも見られますので、ぜひご覧ください。
議員団の「府議会報告」はこちら

「住宅リフォーム助成制度」パンフを発行

2011/01/30 更新
この記事は 2 分で読めます。

1101reformpanphP1.jpg 日本共産党府議団はこのほど、「住宅リフォーム助成制度の実現を」と題する府議会報告パンフを発行しました。これは、全国で緊急経済対策として広がっている住宅リフォーム助成制度を京都府でも創設することを求めた議員団の論戦や申し入れ、関連資料などを冊子にまとめたものです。
 このホームページでも見られますので、ぜひご覧ください。
「住宅リフォーム助成制度」パンフの全文はこちら