議員団活動

カテゴリー:議会活動

「戦争法案廃案に」府民の願いを踏みにじり請願を否決

2015/07/02 更新
この記事は 1 分で読めます。

 7月2日、5つの議会常任委員会が開かれ、府民から寄せられた請願の審査が行われました。

 「戦争法案廃案を求める」113件の請願、2192筆の署名は、総務・警察常任委員会で審査が行われ、日本共産党の光永、原田、西脇の3議員が採択を求めました。しかし、自民党をはじめ9人の他会派議員は採択に反対、請願は不採択になりました。

 採択に反対した自民党議員は、「戦争法案」の是非を真正面から論議せず終始するという態度を取りました。

 党府議団は引き続き「廃案」を求める意見書を提出し、7日の本会議での採択に向けて全力をあげる決意です。

6月議会定例会 島田敬子議員が一般質問

2015/07/01 更新
この記事は 4 分で読めます。

 6月30日、京都府議会6定例会の一般質問(3日目)が行われ、島田敬子議員が質問に立ちました。

201506306月定例会-島田一般質問.JPG

 島田議員は、医療保険制度改革、マイナンバー制度などについて質問しました。

 7月1・2日には、常任委員会が行われます。6月議会には、「憲法違反の戦争法案廃案」を求める団体請願が133件、署名が2192筆寄せられました。この請願の審査は、2日午後1時30分からの常任委員会で行われます。傍聴も可能です(人数制限あり)。インターネット中継もありますので、ぜひご覧ください。

↓島田議員の質疑の大要はこちらをご覧くだい。

2015年6月議会島田一般質問と答弁大要.pdf

6月議会定例会 馬場紘平議員が一般質問

2015/06/29 更新
この記事は 3 分で読めます。

 6月29日、京都府議会6定例会の一般質問(2日目)が行われ、馬場紘平議員が質問に立ちました。

201506296月定例会-馬場一般質問.JPG

 馬場議員は、賃金規定を含む公契約条例の制定、中小企業の仕事おこしや中小企業育成・後継者育成、府営住宅エレベーター設置基準・計画の抜本的見直し、府営住宅の浴槽のバリアフリー改善などについて質問しました。

 30日には島田敬子議員が一般質問に立ちます。ぜひ傍聴にお越し下さい。

↓馬場議員の質疑の大要はこちらをご覧くだい。

2015年6月議会ばば一般質問と答弁大要.pdf

6月議会定例会 本庄孝夫議員が一般質問

2015/06/26 更新
この記事は 5 分で読めます。

 6月26日、京都府議会6定例会の一般質問(1日目)が行われ、本庄孝夫議員が質問に立ちました。

201506266月定例会-本庄一般質問.JPG

 本庄議員は、地元山科区の四ノ宮川、安祥寺川の災害対策、特別支援学校の大規模・過密化解消、高校入試制度の見直しの3つのテーマで質問しました。

 29日には馬場紘平議員が、30日には島田敬子議員が一般質問に立ちます。ぜひ傍聴にお越し下さい。

↓本庄議員の質疑の大要はこちらをご覧くだい。

6月定例会 本庄一般質問 質問と答弁.pdf

 201506266月定例会-本庄さん激励.JPG 質問後、傍聴に来られた方と懇談する本庄議員

 

6月議会定例会 加味根史朗副団長が代表質問

2015/06/25 更新
この記事は 5 分で読めます。

 6月23日、京都府議会6月定例会の代表質問が行われ、加味根史朗副団長が質問に立ち、戦争法案と米軍レーダー基地、高浜原発、地域経済、若者雇用、地方創生、亀岡サッカースタジアムなどの問題について、新しい京都府のビジョンを提案しながら知事を質しました。

201506236月定例会-かみね代表質問.JPGのサムネイル画像 加味根議員は、国会で明らかにされた戦争法案の問題点や元自衛隊員の方の声などを示し、法案の今国会での成立に反対を表明するよう知事に迫りました。また、京丹後の米軍レーダー基地について、住民との約束が次々破られ、被害が深刻化している実態を示し、戦争法案との関係で、集団的自衛権行使の最前線基地となる危険性がいよいよ具体的なものとなってきたと指摘し、基地建設への協力を撤回するよう強く求めました。

 現在再稼働がねらわれている高浜原発については、福井地裁の運転差し止め仮処分決定なども示し、原発ゼロの政治決断をし、再稼働に反対するべきだと訴えました。また、使用済み核燃料の中間貯蔵施設の府内への設置について、認めない姿勢を明確にするよう求めたのに対して、知事は「舞鶴や宮津も反対しており、自分も同じ立場」であると答弁しました。

 さらに加味根議員は、中小企業の経営を支える支援の一層の強化、小売商業調整特別措置法を活用して商店街を守ること、若者が正規で人間らしく働ける京都府を目指すこと、安心して暮らせるよう社会保障を充実に取り組むことを知事に求めました。

 地方創生についても、住民自治の取り組みを積み上げながら、それぞれの地域の住民生活と農林漁業や地場産業の振興をはかることを最優先で取り組み、京都府と国はそれを応援すべきだと指摘しました。

 亀岡のサッカースタジアムについては、第三者委員会などで「環境問題やアユモドキの保護等の自然などについて今出されている資料だけでは評価できない」「治水の点で懸念が残る」など計画に対する異論が続出したことを指摘。そもそも水害が多発している地域で、大開発をすすめることは治水上問題がないのか、専門的な検討や検証がなされないまますすめられることは重大だとして、建設工事の着工を前提とした予算の提案を撤回し、計画を見直すよう知事に強く迫りました。

↓質疑の大要はこちらをご覧ください。

6月定例会-加味根議員代表質問と答弁(大要).pdf

憲法違反の戦争法案廃案を 多くの請願が寄せられました

2015/06/24 更新
この記事は 7 分で読めます。

DSC_3979.JPG    24日が6月議会の請願提出の締切日でしたが、「憲法違反の戦争法案廃案」を求める団体請願が133件 署名が2194筆提出されました。

  締め切り直前まで、多くの府民や団体代表者が議員団室に来られ、14名の全議員が請願の紹介者になりました。みなさんの熱い思いを受けて請願の採択に向けて全力をあげる決意です。(写真は京都総評のみなさんの請願)

 他に「TPP交渉の情報公開を求める請願」も提出されました。

 

請願の審査は、7月2日()午後1時半からの「総務・警察常任委員会」で行われます。

傍聴もできます(人数制限あり)。インターネット中継もありますのでぜひご覧ください。

京都府議会 6月定例会が始まります

2015/06/17 更新
この記事は 3 分で読めます。

 6月18日より、京都府議会の6月定例会が開催されます。23・24日に代表質問、26・29・30日に一般質問が行われます。ぜひ傍聴にお越し下さい。

 23日(火)の6月定例会代表質問では、かみね史朗議員(右京区)が府会議員団を代表して、戦争法案や米軍レーダー基地問題、原発再稼働、中小企業と地域経済等、府政の重要課題等について質問します。議会は午後1時から開会され、KBS京都テレビで放送されます(京都府議会HPでのインターネット中継でもご覧いただけます)。

scan-5.jpg 続いて26(金)・29(月)・30日(火)の一般質問には、島田けい子議員(右京区)、本庄たかお議員(山科区)、馬場こうへい議員(伏見区)がそれぞれ質問に立ちます。午後1時15分から開会され、京都府議会HPでのインターネット中継でご覧いただけます。ぜひご覧ください。

scan-4.jpg

本日22日、京都府議会5月臨時会が閉会 さこ議員が議案討論

2015/05/22 更新
この記事は 2 分で読めます。

 5月18日から始まった5月臨時会が、5月22日に閉会しました。

 今議会には、専決した2議案が提案され、日本共産党京都府会議員団は、そのうち第1号議案に賛成し、第2号議案「京都府府税条例の一部改正の専決処分について承認を求める件」に反対しました。

 さこ祐仁議員が、議員団を代表して議案討論を行いました。

↓議案討論の全文はこちら

 5月臨時会 さこ議員 議案討論.pdf

民意を反映した議会構成を各会派に申し入れ。「戦争法案」反対の署名宣伝。

2015/05/18 更新
この記事は 4 分で読めます。

 本日、5月臨時府議会が開会しました。日本共産党京都府会議員団(前窪義由紀団長、14人)は同日、議長・副議長、常任・特別委員会の正・副委員長の選出にあたっては、議会の民主的な構成をおこない、議会選出の監査委員についても、民意を反映した選出をおこなうよう各会派に申し入れました。

 申し入れでは、議席数に応じて公正に選出するなど、議会構成に民意を反映することは憲政の常道であるにもかかわらず、京都府議会では20年近くにわたってすべての役職が「与党会派」で占められ、日本共産党が排除されるという、議会の民主的運営の上で不正常な事態が続いていると指摘。今回の府議会議員選挙の結果に基づき、府民的にみて不正常な事態はすみやかに解決するよう求めるものです。

申し入れ全文はこちら。↓

20150518府議会の民主的構成についての申し入れ .pdf

 同日夕方、四条河原町にて、「戦争法案」に反対する署名宣伝を、14名の新議員団で取り組みました。若い女性や外国人の方まで、多くの方に署名していただくことができました。

20150518戦争法案反対マルイ前宣伝.JPG

2 月議会最終日 自民・公明・民主・維新が府民の切実な願いを否決  ばば議員 みつなが議員が討論

2015/03/13 更新
この記事は 9 分で読めます。

 13日、2月定例府議会の最終本会議が開かれました。本会議では、2015年度一般会計予算案をはじめとする99件の議案採決と「高浜原発再稼働反対」「米軍レーダー基地の発電機停止」「高齢者医療助成制度の存続」などの請願採決と意見書決議案の採決が行われました。

 自民・民主・公明・維新・創生が寄せられた以下の請願をすべて否決しました 

老人医療助成制度の拡充・存続を求める請願

青年雇用改善を求める請願

奨学金返済・学費負担軽減を求める請願書

TPP交渉に関する請願

農協改革をはじめとした「農業改革」に関する請願

福祉労働者の処遇改善・人材確保に関する請願

京都府立特別支援学校における教育条件の充実を求める請願書

年金削減の取り止めと最低保障年金制度の実現を求める請願

高浜原子力発電所3,4号機の再稼働に反対する意見書を求める請願書

経ヶ岬・米軍基地の騒音等の対策に関する請願書

 DSC_3453.JPG党議員団 請願を受けて12本の意見書・決議案を提案 自民・民主・公明・維新・創生の反対で否決  討論にばばこうへい議員

共産党議員団は、府民から寄せられた切実な声に応えて、「高浜原発3,4号機の再稼働反対」「米軍レーダー基地の発電機即時停止と基地撤去」「高齢者医療助成制度の継続・拡充」など12本の意見書・決議を提案しましたが与党会派はすべてに反対しました。

意見書・決議案討論には、ばばこうへい議員が立ちました。

ばば議員 意見書・決議案討論.pdf

 2015年度一般会計予算案や府営水道事業会計予算などに反対。

議案討論にみつなが敦彦議員

DSC_3467.JPGみつなが議員 最終本会議議案討論.pdf